モバイル&クラウド時代の起業方法とは?iPhoneアプリ/Androidアプリの開発

起業してもっと色々クラウドサービスでチャレンジしたくなりました!!
次のチャレンジはiPhoneアプリ/Androidアプリの開発です。
クラウドサービスはさまざまな分野に広がっていてZohoCRMなどの中小企業向けクラウドサービスが企業の業務効率化に利用されることもあれば、iPhoneアプリやAndroidアプリなどもクラウドサービスにより構築することができる時代になりました。
ネットで検索するとたくさんクラウド系ツールがでてきます。
iPhoneアプリを開発するために Xcodeを一から覚えてマスターするには時間がかかる場合、クラウドサービスで簡単に開発できるサービスがあるのでこのようなサービスを利用すれば顧客への納期が短縮できるようになります。
Androidアプリも同様のサービスで開発可能です。
自分が利用するアプリ開発用クラウドサービスによってネイティブアプリの開発はAppStoreにアプリを公開するのにアップル社の認証待ちでかなりの日数を要する場合もありますが、ウェブアプリであれば即日で公開することも可能です。
つまり、アイディアとデザインセンスがあればプログラムスキルがなくてもAndroidアプリは即時作成してGooglePlayマーケットプレイスへ公開することが可能です。
お金も時間もかけずにアイディア一発でアプリ開発して起業できる時代がやってきました!
弊社ではGooglePlayに40本のアンドロイドアプリ(有料版)を公開しています。
Takasumi Shindo 作成のアプリ
PCとネット環境さえあれば誰でもアプリ開発者への道が開かれています。本当に便利な時代になりましたね!
ステゥーブ・ジョブスありがとう!!
孫さんありがとう!!

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のShindo Takasumiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。