「個性的」が「普通」の社会で透明な僕私

透明な存在
その言葉は様々な文章や歌詞や概念に揉まれて、死んでしまったかもしれない。
しかしわたしは鮮明に、そこだけ赤字にされたように思い出す。
今までも、そしてこれからも透明な存在であり続ける僕を、せめてあなた達の空想の中でだけでも、実在の人間として認めて欲しいのである。
という、その言葉を。
自己顕示の欲望を如何に吐き出すかが、当面の課題であった。


サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の美樹 遠山さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。