男の僕が無痛分娩の口コミサイトを作ってみようと思った理由 ビジネス編

1 / 2 ページ

前編: 男の僕が無痛分娩の口コミサイトを作ってみようと思った理由

■病院クチコミについての想い


前の書き込みがいろいろと取り上げてもらって本当にうれしかったです。「読んでよかった」の人に佐俣アンリさんがいるだけで、頑張ってよかったと思いました。

無痛分娩クチコミサイト mothering

https://mothering.ne.jp


今回はもうちょっとビジネス的なお話。


文学部卒の私がヘルスケア業界の仕事をしてもう16年立ちます。ずっと新規事業をやってきたので、いろいろなベンチャーが大きくなるのを横目で見ながら、しょぼい失敗をいっぱい繰り返してきました。


■そもそも無痛分娩って?


storysさんのFBページにも取り上げてもらった時に「無痛分娩って知ってました?」というご紹介を戴き初めて気が付いたんですが(汗)、無痛分娩って単語自体知らない人多いですよね。すいません。


簡単に言うと、麻酔で出産時の痛みを感じにくくするという事です。欧米では7割~9割が無痛で生みますが、日本人は5%ぐらいです。「なんで日本で普及しないの?」という理由はいろいろな議論があると思いますが、私が思うに一つに麻酔医の確保は結構大変だと思います。麻酔医は人手不足で、腕が良ければ普通に年収3000万とかあるらしく(医師の中で一番年収が高いらしい)、そのため、対応できる、というより麻酔医を集められる病院が限られるんです。


大手の病院で無痛やっている、とネットに書いてあっても、麻酔医が転勤になればできなくなります。これがネットの情報が1割~3割位間違ってしまう背景の一つだと私は思っています。


■病院クチコミがなぜ無理ゲーか。

ヘルスケアの新規事業案でよく出てくるアイディアが病院クチコミです。僕も最初のころは「絶対あったらいいな!」と思っていましたが、よく業界を理解すると無理ゲーなことがわかってきました。



大きいところで3つ理由があります。


①数が多すぎる。

日本中に約10万件クリニック+病院があります。つまり10万件口コミを集めて、初めて、平均1件の口コミが掲載されることになります。そんなスカスカのレビューを誰が読むのかと。


②平均年齢が高すぎる

クリニックに行けば通院患者の平均年齢はわかりますよね。その人たちがクチコミを書く年齢か、という問題です。


③値段が決まっていて、受ける医療の内容も管理されている

医療は、レストランのように「高くておいしい」「安いけどうまい」みたいなことはありません。日本全国でどこで受けても同じ値段です。過剰に検査をしようものなら保険で切られるし、処方される薬も大きな違いはありません。日本中、どんな場所でも格安で素晴らしい医療が受けられる。それが日本が誇る健康保険なのです。


他にも病院の勤務医は転勤するし、とにかく病院クチコミが成り立たない理由はたくさんあります。どうです?絶対無理ゲーな気がするでしょ?


■でも、悔しいんです


無理ゲーって思っていても、この業界でやってきて、他の人が病院クチコミですごいいいサービスを立ち上げたらやっぱり悔しいんですよね。後から出てきたルナルナがめっちゃうまくいったのとか見て、やっぱり悔しいし。何か一個形に残したいと思うようになりました。


そこで色々と知恵を絞りました。

テーマを区切ってのクチコミだったら成立するかなーと思い始めたんです。一番マネタイズが簡単そうなのは美容整形なんですがキレナビが問題を起こしました。

http://skyteam200.exblog.jp/21475251

みんなの読んで良かった!