キャバ嬢が就職エージェントを利用して気づいたこと

賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?

突き詰めて考えれば、未来とは、まだ訪れていないすべての瞬間だ。

でも、未来がなぜ特別で大切なのかといえば、それが「まだ訪れていない」からではなく、その時に「世界が今と違う姿になっている」からだ。

by 本:ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

未来とは、現在と違った未来がある場合のみ、未来と呼ぶ。


と、いうことで

無事に社会人になった元キャバ嬢サナエは、転職エージェントを利用して転職することにしました。

思い返せば、人材紹介エージェント(キャリアアドバイザー)さん類との付き合いは大学時代までさかのぼります。


. を割って話してはいけない

地方のFラン大学生だったサナエ。一人暮らしをするため、週3〜4キャバクラに勤めていた。

夜の仕事での経験を積めば積むほど、昼間の世界を遠く感じ、「私なんて絶対面接受からない」と就職活動をしていなかった。内定を獲得しなければ「よりとんでもない未来になってしまう」のは理解できたので、4年の夏に新卒向け就職エージェントに登録し、何件か案件のメールを受け取った。だけど、面接が怖い。そんなやりとりをしているうちに、エージェントさんと面談することとなった。

面談は、基本的な情報と学生時代にがんばったこと、長所と短所などを聞かれた。だが、どのエピソードも手繰り寄せていくと結局仕事の話、つまりキャバクラの話をせざるを得ない。だけど・・

優しそうなエージェント
アルバイトの話は言いにくいのかしら?アパレル?聞いておいたほうが就職について良い提案ができるわ。
サナエ
(えー)・・キャバクラです。
優しそうなエージェント
・・・。


そしてエージェントさんは言った。

優しそうなエージェント
キャバクラで働いていたこと、就職したいなら面接で絶対に言っちゃダメよ。

その日以降、その新卒向け就職エージェントから案件が届くことはなかった。(ので、自力で就活し内定をもらった)

教訓:エージェントの推薦が企業に効く。面談も面接だと思って、人物を作って臨むべし。



2. ージェントは複数社に登録し、会う

時は経ち、サナエは晴れて社会人となった。そして転職を決意する。特にこの企業に入りたい!というビジョンがないため、今回は転職エージェントで面接をたくさんこなして合う企業に入ろうと考えた。

よくわからないので4つ登録してみた。

WEBに登録しスカウトを待つタイプの会社C人材紹介で有名な会社MとTとE

さっそくC社を通じてスカウトが来たので、書類選考をお願いしてみる。そして落ちた。ナルホド。

M社・E社とは電話面談を行い、T社はキャリアアドバイザーさんと実際に会って面談をする運びとなった。

T社
サナエさんのお話を聞きまして、絶対リクルート社が合いますよ!
サナエ
そうですか。
T社
あと、この会社と、ここと・・印刷してきます!

しばらくして、戻ってきた彼女が手にしていたものは・・なんと30枚(30社)近い案件の紙データだった!

T社
目を通して、気に入った企業があったらWEB上でクリックして教えて下さい!応募手続きをとります!データはWEBでも見れます!
サナエ
(じゃあ紙データいらないんじゃ・・)

面談をしたのち、30社も持ってくるのであれば、面談をして話を聞いてもらう意味はあるのだろうか。この担当者と相性が合わないのかと思い担当者を変更したが、次の担当者も同じように30社近い紙を渡してくださった。つまり、このエージェント会社自体がそういうやり方なのだ。どのへんがキャリアアドバイザーなんだろう・・?というか、カウンセリング力もこの程度・・?

エージェントとはこういうものなのか・・


ところがWEBのC社からヘッドハンターオファーという案件が届いた。これはさらに別会社のエージェントが入り斡旋するというものらしい。さっそくそちらの会社Rの日本橋支店に面談に伺った。

R社三谷さん
こんにちは!どんな人生を歩みたいの?はーっはっはっは。
サナエ
(なんだこの人!面白い!!しかもプロっぽい!)

私は帰宅後、友人に今日の出来事を話した。

サナエ
R社の人、すっごいいい人だったの!
友人
あぁ、R社の人すごくいいよね!俺が会ったのは三谷(仮)さんって人だったかな・・
サナエ
えっ!?男性の!?私が会ったのも三谷さん!

三谷さんはすごく素晴らしい人格者で、かつ優れたキャリアカウンセラーだった。外資R社日本橋おすすめ。

教訓:相性の良いエージェント会社と、キャリアカウンセラーに出会うことがスタート地点。


3. 職の内定受諾は待ってくれない

さて、ポツポツと面接を進めることができたサナエ。そこで私は衝撃の事実を知る。

友人
ところでさ、そこに内定でたらどうするの?行くの?
サナエ
えーまだ決めてない。内定出たら考える。
友人
最大でも一週間しか待ってくれないよ。
サナエ
えっ!?!?

そう、初めて転職エージェントを利用した私は社会人のルールを知らなかった。

内定が出たらなるべく早く、待ってもらっても一週間以内に行くか辞退するのか決めなくてはならないのだ。

えー、知らない。どうしよう。何も優先順位つけてない。優先順位つけることが苦手なのに!!

教訓:書類選考は第一志望群の複数社に一斉に送るべし。選考がスピーディなところと(内定のタイミングを合わせるため)、本命(面接に慣れるため)は少し遅く出すべし。


さいごに

結果的にR社の案件は内定までゆき、提示された年収は前職の約1.5倍となった。

エージェントパワー、すごい。三谷さん、神。

エージェント会社の商品力は、アドバイザー案件

著者のHimeno Sanaeさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。