もう粉々に、音もなく堕ちていったバカ

2番テーブルドリンク聞いてこい!
いらっしゃいませ!!

優希。19歳。中卒。居酒屋勤務
なんだかんだ1年頑張ってたら社員になった。なんだかこう、ふっと身体が浮いたように仕事にやりがいを感じていた。
飲食店は拘束時間が長い。人間て慣れるんだなってふと思う。12時間労働が当たり前になってきた。良くも悪くも人は慣れるのか....。
仕事が終わって携帯を見ると着歴が。大智だ。大智からは仕事から遊びまで、大いに教えてくれた。21歳の大智は、優希と同じ中卒だが営業マンとして結果を残し続けていた。

去年の夏、優希にとって、
衝撃の出来事があった。

大麻。マリファナー

大智の家に行くと緑色の葉っぱがパケ袋に入れてあるのを見た。

優希『これ何?』

大智『あー大麻だよ大麻』

優希『はっ?』

あまりにも普通に言うので何も言い返せない。というか、大麻という単語が出てきたことと、教科書の向こう側の麻薬がそこにあることに動揺していた。

著者のOkagawa Koheiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。