【5】パニック障害と診断された私が飛行機に乗って海を渡り、海外で4年暮らしてみた話。

【5.海外への憧れ】


入社してしばらくして、社内出向となった。
系列他社への異動だった。

配属先は、小さな旅行代理店。
小さいけれど、お客様には芸能人の方もいる様な会社だった。

主な仕事は、アメリカ留学のお客様の留学手配やビザ取得代行、普通のパッケージ旅行の手配などだった。

ある日、私の友達から

友達に留学希望者がいるんだけど、話を聞きに行ってもいいか、と連絡があった。

友達とその友達が来社し、トントン拍子に話がまとまり、数ヶ月の内に彼女はアメリカへと旅立って行った。


そしてそのまた数ヶ月後、友達の友達ということで、個人的にも仲良くなった彼女の元へ遊びに行くついでに、仕事として、現地の視察をしに行くことになった。


しかし飛行機に乗るのか…。

アメリカへ行くのは2回目だった。
学生時代、学校の研修旅行でアメリカへ行った。
最も症状の酷い時期で、キャンセルしたかったが、親に払ってもらった高額な渡航費はもう一円も戻ってこない時期に入っていた。


どうせ戻ってこないなら、這いつくばってでも行こう。
そして私は初めての海外旅行でアメリカに行った。

結果は惨敗、ホテルで寝込み食事は喉を通らず、持参したカップスープで凌ぎ、目の前まで行ったディズニーランドでは、門の外でみんなが帰ってくるのを待った。


そんな初海外旅行のリベンジだった。
二度目の海外、二度目のアメリカは、薬を飲みながらも無事に楽しむことができた。


ただ、私は全く英語ができなかった。

こんなエピソードがある。


ある日、友達は語学学校の授業のため、私は一人で町に出た。
入ったコーヒー屋には、瓶詰めのコーヒーが売っていた。
その瓶がまた可愛くて、私はお土産にと3本の瓶コーヒーと、今飲みたいカップコーヒーを買った。


早口で何かを尋ねられる。
さっぱり分からないので、日本人お得意の

YES! YES! でゴマかした。

店員は、 まじで?って顔をしてた。



出てきたのは、カップコーヒー1つと、すべての蓋が空いた瓶コーヒー。


彼は、

Are you gonna have these here?
ここでこれら(全部)飲みますか?

と聞いていたのだ。
こちらとしては、
察せよ!飲むわけないだろ!
と思ったけれど、とにかく恥ずかしい!

こっそり別の店員に紙袋を貰い、
そそくさと店を後にした。


また、同じ日の夜だった。
夕飯を食べに、学校が終わった友達とメキシコ料理屋へ入った。

混雑した店内と、うるさい音楽。
タコスを頼もうとしたが、私はチーズが食べられない。
抜いてほしいのに、伝えられない。

友達がサラッと英語で伝えてくれた。



なんてカッコイイんだっ!!!


体に電流が走ったような感覚がした。

その後は、彼女が住む語学学校の寮へお邪魔し、世界中の学生たちと出会った。

二度目の電流。


なんて楽しそうなんだ!!!!



さて、日本に帰国しいつもの日々が始まった。

相変わらず旅行代理店の仕事をチマチマやっていた。
先輩で唯一の英語話者に聞いてみた。

どうやって英語を覚えたんですか?


彼は、学生時代に往復航空券と現金5万円だけを握りしめ、右も左も英語も全く分からないまま、ニュージーランドへ渡った。

生きるために、現地の人の家を周り、仕事を手伝う代わりに食住を与えてもらった。

生きるためには、英語を覚えるしかなかった。

そして帰国した彼は、今や旅行代理店のエース。


もう、身体中に電流が走りっぱなしだった。




だめ押しの一手は、沖縄旅行中だった。

ストレスの原因だった専門学校を卒業し、信頼できる医師の元で投薬治療を続け、薬も体に合い、すっかり体調は良くなってきたものの、まだ薬なしでは居られなかった私。
それでも、一人でなら旅行にも出られるようになった。

そんな頃、諸事情により正社員で働いていた会社を辞め、八重山諸島を旅行し、石垣空港から那覇へ帰るところでとあるイタリア人に出会った。

彼と目が合うと、私に話しかけてきた。
全く何を言っているのかわからなかった。
英語を喋っているのだけは分かった。
会話が成り立たないまま、私の飛行機が搭乗開始した。

そのまま別れたが、何と数日後に那覇市内でバッタリ彼に会ったのだ。

空港へ向かっている途中だった。
彼は、これから大阪へ行くと言っていた。
拙い英語力で理解した話によると、

大阪は毎日がカーニバルなんだろ?!
大好きだ!そーいうの!楽しみ!


と言っていた。


全力で教えてあげたかった。
大阪では毎日カーニバルはやっていないと!


でも私には英語力がなかった。
彼は、大阪でのカーニバルに胸を弾ませて沖縄を発った。


そして私は決めた。



英語、勉強しよう!と…。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。