急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ1(発生事実・前編)

1 / 2 ページ

後編: 急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ2(発生事実・後編)


暗い話ですいません。

最初に謝っておきます。暗い話です。嫌な話です。
ですが死は誰にでも訪れ、それはどのタイミングでやってくるのかわかりません。

これは私の主人が脳出血を発症し、急逝した時の「私の行動と心情をまとめた話」です。
命に関わる病気をいきなり発症する確率は誰にでもあると思います。
もし身近な人にそれが起こったとき…この話が少しでも役に立てば…。

まずは、私の旦那がなぜ死ぬことになったのか、その事実を書いていきます。

旦那になにが起こったか

平成24年2月10日。19時頃。私の住む北の大地は、例年より寒い日が続いておりました。旦那は1週間ほど前から新しく見つけた職場の研修のため、家から車で2時間ほど離れた勤務地へ研修へ通っていました。

その日の夜、お風呂に入り、夕飯を食べ、いつものように2人でゲームをしていたときのこと。

「俺…頭が痛いんだ…」

あまり風邪を引いたり、お腹を壊したりしない健康な旦那が、頭が痛いと言い出しました。私がいつも生理痛が酷いときに飲んでいる薬を渡しましたが、時間が経つにつれて、旦那の顔色が土色に変化していきました。

生みの親だからこそ気づいた異変

うちの子は、小さいころから頭が痛いなんていう子じゃなかった!

異変に気づいたのは、旦那の母親。尋常じゃないその頭痛の様子から、救急車を呼ぶことにしました。私は大きな病気だとは思っておらず、当時流行していたインフルエンザが原因なんじゃないだろうか…ぐらいに考え、救急車を呼んだのです。

嘔吐。そして救急車到着。

家の近くに消防署があったため、救急車はすぐ到着しました。その間に旦那はパジャマ→普段着に着替え(後々わかりますが、着替える必要などなかった^^;)普段着に着替えてすぐ、トイレに駆け込み嘔吐。3回ほど嘔吐を繰り返しました。

それでも救急車へは自分の足で乗り込み、救急隊員の応答にも自分の口で答えていました。ただ一つ気になったのは、測定した血圧の異常な高さ。

アタイ
大丈夫か?
旦那
おう…。
アタイ
病院着くまで、そのまま寝てなよ。
旦那
うん。

これが私と旦那が交わした最期の言葉です。


救急救命室から旦那が出てこない

病院に到着し、旦那はストレッチャーに乗せられたまま救命室へ。私は家族待機室へ移動しました。待機室には事故で骨折した人、風邪をこじらせた人、インフルエンザを発症した人…4人ぐらいの患者さんがおりました。

身長168cm・体重58kg、趣味で卓球をしていた、スレンダーな旦那。どうせちょっと具合が悪くなっただけだろう…てかそうあってほしいと、待機室で待っていたのですが、何分待っても旦那が出てこない。なんで出てこないのよ、旦那…。私は変な不安にかられます。

30分ほど経過した頃でしょうか? 診察室から先生が出てきました。

救命医
おおぬきさんのご家族の方ですか?
アタイ
はい! 妻です!
救命医
緊急のお話があります!中へどうぞ!

メガネをかけた神妙な顔つきの先生に呼ばれ、中に入ると、1枚のCT画像を見せられました。

まさかの脳出血

救命医
ご主人、脳から出血してます。しかもかなり大量です。
アタイ
!?
救命医
先ほど検査中に意識を失いまして、左目の瞳孔が開いてしまった状態です。
アタイ
は?
救命医
片足を棺桶に突っ込んだ状態です。急いで開頭して、出血を取り除く手術をしなければいけません。

なに言ってんだこいつ

第一印象はこれしかありません。本当にね…。

片足を棺桶に突っ込んだ状態という表現ですが、これは当時の医者が使った言葉そのまま載せてます。
自分の足で救急車に乗ったんだよ? 救急車の中で普通に会話出来てたんだよ? それが…脳出血?

はあ? 何の話? 頭がクラクラする………。

救命医
ご主人にお父様かお母様はいらっしゃいますか?
母親ならいます!
救命医
すぐに病院に呼んでください!

この後、旦那の母親が来るまで約30分間の時間が空きました。ここで大変な事実。私(妻)ではキーパーソンになれなかった。この時の医者は、血のつながりの近い人間との会話を望んでいたようです。

手術開始までの長い時間

やっと旦那の母親が到着し、手術(緊急手術時の麻酔による危険因子など)の説明を受け、承諾書に名前を書きました。が、時間は21時40分頃。そして、実際に手術が始まったのは翌1時過ぎ。旦那の頭痛が発症して手術が開始されるまで約6時間が経過しています。

病院に到着し何らかの脳保護の措置はされているとはいえ、不安でいっぱいでした。なぜすぐ手術できないの!?

これは病院側が緊急手術をするための準備時間があるためです。

覚えておいてください。「先生!緊急オペです!」ですぐ手術が開始できるわけじゃないんです。人員確保・手術道具の準備・手術室の消毒・手術を受ける者の手術への準備(旦那の場合は、髪の毛を切ってメスをいれるためのマーキングをする、尿管を入れるなどの準備)が必要であり、それに時間がかかるということ…。

なぜ、母親と一緒に救急車に乗り込んでこなかったのだろう…と、かなり凹みました。

再会した旦那は旦那の顔をしていなかった

手術の準備が出来て、一緒に手術室へ向かうことになりました。旦那の準備も出来たということで、通常の患者さんが使うものとは別のエレベータで3階・手術室に向かいました。が…

みんなの読んで良かった!