【8】パニック障害と診断された私が飛行機に乗って海を渡り、海外で4年暮らしてみた話。

1 / 3 ページ

【8.長い長い片思いの終わり】

実は私には、20歳の時から片思いしている人がいた。
その片思い期間はなんと5年。

中学生の頃に出会った、会ったこともない人に長い間想いを馳せ、その間それなりに恋愛もしたものの、やはり本当に好きになってしまう人には長いスパンで想いを寄せてしまうのが私。

ハタチの頃、短期の職場で出会った彼とは、その仕事が終了してからも友達として関係が続いていた。

私たちは、ハタから見たらカップルに見えていたと思う。
週末どころか、平日でも仕事後に会っていた。
旅行へ行ったり、お互いの友達に紹介し合い、彼の実家に泊まったこともある。

お互いの誕生日は、約束はしないけれど、毎年一緒に祝っていた。
けれど私たちは、付き合ってはいないのだ。


出会った20の時から、お互いの24歳の誕生日まで毎年一緒だった。
23歳の私の誕生日、私は沖縄に住んでいた。
たまたま私の誕生日に被って沖縄に遊びに来た共通の友達に、プレゼントを託してくれた。
その年以外は毎年一緒だった。

彼より一足お先に25歳になった私は、その年は一人だった。
都合が合わなくて会えずに終わり、出会ってから初めて誕生日に会わなかった。

二ヶ月後の彼の25歳の誕生日、いつも通り約束はない。
でも、サプライズで祝おうとケーキを買って、プレゼントも仕込んで、車で彼のアパートまで行った。


そこに彼の車はなかった。

代わりに停まっている黒い軽自動車。
彼の月極駐車場に他人の車が停まっている。

中を覗いたら、プーさんのブランケットにピンク色のハンドルカバー。
女の子の車なのは明らかだ。


本当はサプライズのつもりだったけれど、これはマズイ!と思った私はその場で即、彼にメールした。


誕生日おめでとう。
今日はデートかな?
楽しんで!

みんなの読んで良かった!