【6】禁煙ゲーム✖️バツ〜禁煙をやめた僕が、7年間、ストレスなく吸わないだけを追究し、愛煙家友達との出会いから愛煙を深め、吸えない不自由から完全に解放された話〜【午前中だけタバコを必要としない人生を楽しむ。】

1 / 4 ページ



【禁煙ゲーム✖️バツ〜実況セラピー〜】
まぐまぐから無料配信中です!

午前中だけタバコを必要としない人生を楽しむ。


禁煙宣言、もしくはタバコを吸わないことを決めたあと、
もう吸えない
という思いがどこからかやってくる。
吸わないでいられるような気持ちになった瞬間は
やめられるかも!
と気分上々になるんだけど、
時間が立つにつれ、タバコの煙が体内から抜け出すにつれ、
あぁ、美味そうに吸ってるなぁ〜。
と人の一服に誘惑を受ける。
なぜ、この誘惑が生じて、さらに、なぜ、いつまでも負けないでいないといけないのか。
それは、
禁煙ブームに従ってやめようとするから
なのだ。
つまり、タバコをやめる、または吸わないでいようとする考え方が禁煙世界にあるため、誘惑を受け、吸わされる。

たった一日、吸わないでいることができない。

まあ、別に悩む問題でもない。
とても厄介で解決が難しいように思い込む人は多いんだろうけど、
考えてること、思ってることを素直に吐き出していけば、あっけなく解決してしまう。

一日も禁煙できなかった私があっけなく夜まで吸わないでいられた!

このページの最初に紹介してる、僕がここ数年書いてきたエッセイを読んでくれた、ある女性からのコメント。
夜も、そんなに吸いたい気持ちにならなかったと書いていたけれど、
たぶん、吸わないで眠りにつけたのではないかと想う。

夜までタバコを吸わない。
つまり、
朝、目が覚めてからお昼までは間違いなく吸っていない
ということになる。
6時に起きたとして12時まで吸わない人生を満喫。
睡眠中はタバコを吸わないとして、
一日の三分の一のときを、タバコを必要とせずに、タバコのことを考えることもなく生きられるわけだ。

みんなの読んで良かった!