定時制高校出がちょっと過去を振り返ってみる

1 / 4 ページ

皆さんは定時制高校というのはご存知でしょうか?

一般的には4年制で夕方5時半から9時くらいまで一日3コマ(45分)の授業と給食(笑)がある高校です。


怖いイメージを持たれる方もいるかもしれませんが意外と普通というか、むしろ事情があって通う子たちが多い学校です。

私の通った高校ではいかにもやんちゃな不良は4学年中一人しかいませんでした(笑)

まあその子と学校でガチバトルやったので私含めたら二人かもしれませんがorz



 私がなぜ定時制高校に通うようになった理由はイジメでした。


 小さい頃からあまり人との接触が得意でなく、いつもイジメの対象でした。

 原因はよくわかりません。ただ小学校・中学校ともにイジメにあっていました。なぜだかわかりませんが「イジメをしていい奴」認定で他クラスの顔も知らない同級生にまでイジメられていました。

 殆どが悪口、ものを隠す、仲間外れ、軽い暴力(階段から落とされそうになるとか、足を引っ掛けられるなど)などさほどのものではない(とは思うけど感性麻痺しているのでわかりませんが・・・)ですが、これが学年中から毎日されるとさすがに参ります。

 当時は無視が一番ひどいイジメとされていましたが、そんな中にいたものですから小学校の時に無視された時には楽すぎてずっとこの状態が続いてほしい!と思うくらいでした。

 しかし不幸にもこんな幸福(笑)を問題視した教員により無視は止まったもののまた元の状態に逆戻りした時に「勝手な正義」というのは本当に迷惑だなとしみじみ思ったものでした(笑)


 そんな状態で学校には行きたくない、と親に言っても「お前が反応するから悪い!」「お前が我慢すれば治まるんだ!」と相談にも乗ってくれず、また逆に叱られる始末。

 家にも学校にもどこにも居場所がない状態でした。

 抵抗しようにも部屋は鍵のかからない、お小遣いもないのでどこに行くことも出来ず、家は自営業でしたのでこっそり帰ってくるわけにもいかず、仕方なしに学校へ行っておりました。


 小学校1年くらいから寝る前にいつも神様にお願いをしていました。

「このまま目が覚めないようにしてください、このまま死なせてください」と・・・・

 だから朝起きるというのは絶望でした。また嫌な一日が始まることですから。でもまた夜が来れば同じことを願うのです。もしかしたら神様がそうしてくれるかもしれませんから。

事故により同年代が亡くなったニュースとかを聞くたびに「この子はもっと生きたかっただろうに、死にたい私が変わりたかったな~」と思っていました。


でも高校は自分で選べる。なので知り合いがいない遠方の学校を選びました。

しかしそこでもまた一部の生徒からイジメられました。ただ中学校・小学校と違い一部の生徒だったのですが、夏休みが終わった時にここまで逃げたのに追ってくる「イジメ」にもう頑張れない自分がいました。

で、ジサツ未遂なんかしてみたのでさすがの親も学校に戻すのを諦め、大検(当時)を取るという約束で学校を中退することにしました。


しかし縁とは不思議なものです。

中学時代の知り合いと町で出会ったのです。彼女は最初の数か月は通ったものの同じくイジメに合い不登校、そのまま中学校を終えたのですが、イジメられ仲間ということで何となくたまに連絡しあう中でもありました。

中学校時代は家から一歩も出ない日々も多かった彼女にここで会うなんて!

びっくりして声をかけたら「これから定時制高校に行くとのこと。遅刻しちゃうー」と二言三言の会話で大急ぎで彼女は高校へ向かいました。


その時初めて『定時制高校という選択肢がある』ことに気が付いたのです。

その後、親に今の学校は辞めて定時制高校に行きたいと伝えたところ、最初は驚いたようですが大検よりも確実に高校卒業資格が取れること、自宅から割と近いことなどから一度定時制高校に見学に行くことになりました。


一度行ってみた定時制高校は思ったよりフレンドリーで優しい先生が多く、いままでもイジメで苦しんできたこと、もうあの学校では頑張りきれないけど高卒資格は欲しいと思っていること、でもまたイジメられるのが怖いなどを話しました。

先生はうんうんと頷きながら

「定時はみんな色んな事情があってくる子が多く優しい子が多い。話を聞くと今の学校と相性が合わないみたいだし、不安だと思うけど転校してきたらどうか?急いでやれば出席日数も間に合うから二学期から通学できるよ。」

と進めてくれました。

その言葉に背中を押され、私は元の学校を中退ではなく転校というタイムロスの少ない形で一年の二学期から定時制高校に通えるようになったのです。

この件について書類の手続きは相当早かったようで未だに先生方に感謝しかありません。

みんなの読んで良かった!