変な世界に迷い込んだみたい ~ 研究者の嫁 ~

1 / 4 ページ


 恋愛から踏み込んで結婚や同棲をする、これはどんな関係であっても男側でも女側でも同性同士だろうと自分の今までの生活と違う世界と接触することになります。


 価値観・生活習慣・好むもの・好まないもの・・・・


 すり合わせたり妥協したり、許したり、逆に治してもらうよう努力したり・・・


 それはどんな結婚・同棲であってもあることだとは思います。それができるから人間って面白いわけだし。


 しかし変わった職業のパートナーとなることは「かなり変な体験をする」ことが増えることでもあるとは思います。


 私が嫁いだ相手はとある場所にある「多分野を研究する研究所」の「理系工学系」に勤める相手でした。


 そこであった嫁だからこそ体験した変なことをいくつか、書きたいと思います。


1  さらばシティライフ!さらばかっこいい理想像!


 まず会社です。


 広いです・・・・ただただ広いです。

 理系の大学のキャンパスくらいと言えば想像がつくでしょうか?それくらい広いです。


 これは実験施設として建物を個別に建てるために広くなってしまうのです。


 よくテレビにでてくる経済系の研究所は都内のビル(かっこいいですよねぇ・・・)に集約したりすることができますが理系はそうもいきません。


なぜなら爆発・火事などを伴う危険な実験をしているから


ビルのように一つに集約してしまうと万が一の際被害者が増えてしまうでしょ?(^^)

被害者は少ない方がいいので分散されるのです(^^;;;)


もちろん実験設備を置くスペース的な問題もありますが実際にはこの考えはかなりあると思います。

そしてもちろん一般の民家から離れないと騒音などで迷惑をかけてしまうので、だだっ広い会社の周囲はかなりのスペースを取るのでなおさら広くなる。


このスペースの確保のために田舎にあります。


会社内の移動は「自転車」が主な移動方法であり、伝達はメールか社内報が基本となります。


                                               


自分の関連するところ以外(これがまたデスクワークするところと実際研究するところが異なる)は事務の棟といえども月一回いけばいい方だそうです。

そのため出会いがない!

女性研究者ももちろんいらっしゃいますが結構既婚の方が多いです(出会いは大学が多いみたいですね)

みんなの読んで良かった!