「StartupWeekendのオーガナイザーやるメリットってなんですか?」という何度ももらう質問に対して、まだ誰にも伝えた事の無いホントのところ

■StartupWeekendって?

週末の54時間で、初対面の人たちとチームを作って、サービスをローンチする、というイベントです。世界500以上の都市で行われています。詳細はあちこちでブログ書かれていますので、ご覧ください。


私はここでオーガナイザーと言われる裏方をやっています。オーガナイザーの条件はすっごい簡単で「参加者として1回以上参加したことがある」のみです。


世でいうブラック企業と言えば、

・束縛される時間がとても多いのに、全く給料が出ない

・やたらと「やりがい」を強調される

というのが定番ですが、オーガナイザーも(ry。


オーガナイザーをやっているとよく「StartupWeekendのオーガナイザーやるメリットってなんですか?」という質問をもらいます。「次のオーガナイザーを育てる」というのも非常に重要な仕事の一つなので「うまいこと言ってオーガナイザーに興味を持ってもらおう」と思って答えていますが、とはいえ実は結構メリットをあいまいに答えています。


わたしが本格的にオーガナイザーをやったのは、2014年4月18日~20日のSWYokohamaです。厳密にいえば東京生まれ、川崎市在住の私ですが、リードオーガナイザーと言われる立場を経験して、「オーガナイザーをやるメリット」について、ひとつ確信が出来ました。


それは「よく解からない」ということです。そんなお話をしてみたいと思います。


■鎌田さんとの出会い

「よく解からない」と書くと、いいこと無さそうにみえますが、もちろん、素晴らしい経験も一杯ありました。


横浜をやってみて良かった事の一つにオモロキの鎌田さんという方との出会いがありました。

「ボケて」というサービスを提供しています。


※最初、これの面白さがピンときてなかったです(^-^;;。すぐみなさんわかりました??


きっかけは年末に、SWTokyoの前回のチームメンバーと打ち上げした時の話です。


今度、SWYokohamaのオーガナイザーやるんだけどさ、横浜の起業家ってあんまりないよね。

ってことをいったら、チームメンバーが


ヨコハマじゃなくて熱海でよかったらオモロキの鎌田さん紹介できるよー。

というのがきっかけでした。既にボケてのヘビーユーザーだった私は速攻アポイントを取って、渋谷のセルリアンで打ち合わせをさせてもらいました。



こんな素晴らしいスライドがhttp://www.slideshare.net/kamadango/omoroki-9-hacks

出回っていましたが、「こんなスライド書きました~」って本人からメールもらって、とても嬉しかったりしました。他の人にはイマイチ伝わらないと思いますが「いいでしょ~」と思っています笑。


鎌田さんと仲良くなって、一個スゴイ大きい夢を持つようになりました。

ボケてって、一人一人がタスクフォース的に集まってプロジェクトを動かしているんですよね。

樋口さん風に言えば、オーシャンズ11的なチーム運営といいますか。


夢というか、目標として「僕もこんなチームを作ってみたい!or関わりたい!!」と思うようになりました。

そのために自分ができること、得意なことを考えるようになりました。

改めてそういう夢を実現する手段としてもSWの魅力を発見したという側面もあります。



■ホントのところ


じゃあ、「よく解からない」と書いているのか。

なんで「よく解からない」という事を確信したのか。


Yokohamaが終わって、「今のメリットだけで終わらないんじゃないのかなー」って思い始めた、ってことなんですよね。それは、とあるオッサン風に言うと、

Again, you can't connect the dots looking forward; you can connect them only backwards.

ということです。


だから今の時点で「メリットはこれだよー」って自分で定義してしまいたくないんです。もっともっと大きいメリットがあるって思っているということです。ただ、今はそれが何かはよく解かっていません。


だって、前述のオッサンは結構すごいやつなんだけど、そのオッサンですら「you can't」って言ってるんだから、僕ごときが「オーガナイザーやるメリットはこれだよー」なんで言い切ることが出来るとは到底思えないんだよね。前から、メリットを聞かれても曖昧なままにしていたんだけど、実際にリードオーガナイザーをやってみて、その理由がようやくわかりました。大きい期待をしているからなんです。

9月のヘルスケアの打ち上げで、SWTの先輩オーガナイザーが「初めて参加してから3年経って、今、仕事ですごい生きている。SWTは3年モノなんだよね」ということを言っていて、「やっぱり初参加から1年ちょっとの僕が言うのもおこがましいな」と再確認しました。


勿論、もっと大きいメリットが本当にあるのか解りません。もしかしたら、業務量の多さに嫌になってしまう日が来るかもしれません。

未来の事は解らないのですが、でも、そのオッサンが続けてこんなこと言ってるんだよね。


 So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.

You have to trust in something — your gut, destiny, life, karma, whatever.


「 have to trust」らしい。「have to」+「trust」です。信じるもの自体は「whatever」でいいらしい。


■オーガナイザーに少し興味をもったあなたに


きっと「オーガナイザーのメリットってなんですか?」って聞いてくる人って、「はっきりしたメリットがあるなら、やろう」って思ってるんじゃないかな。


でもね、たぶん、前述のおっさんも生きていたら「面白そうとおもったらやってみたら?」みたいなこと言うんじゃないでしょうか。英語でいえば、

And much of what I stumbled into by following my curiosity and intuition turned out to be priceless later on. 

ですね。


僕は自分が体験したことや、自分の中の感情を信じてみることにしました。

もし、この文章読んで、オーガナイザーやってみたい方はぜひ私までご連絡ください。


ちなみにこのStorys自体もSWTの過去の参加者が立ち上げたものなんですよ。



■さいごに

ちなみにオーガナイザーをやるデメリットははっきりと一個あります。

それは家族との時間が少し削られるということです(^-^;;

僕の事を信じて、いつも本当に優しく応援してくれている奥さんに感謝です。



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。