挫折からの大学3年次編入

白衣を着て仕事をしたい


それを夢見て大学受験に臨んだが大敗

浪人が許されなかったので、私はバイオ系の専門学校へ進学した。

そこでは、2年間学び、卒業後は会社に就職するのが王道だった。

しかし、「3年次編入」という道があることを知り、それにかけてみようと思った。

生物学科 3年次編入という道だ。


さて、当時は大学3年次編入をしようと思ったら

◎大学で◎◎単位取得 もしくは

◎短大卒 でなければ受験できない


専門学校卒業の身分では受験できない。

そこで「短大の通信教育」を取ることになった。


専門学校のカリキュラムは、厳しい

朝から晩まで実験とレポートと講義

土日は、通信教育のスクーリングやレポート

資格試験の勉強等


バイトなにそれ?状態である



専門学校2年目

私は突然やる気を失った

単位的には大丈夫だが、受験勉強をする気力が失せてしまった


就職も受験も嫌だ

そんなモヤモヤしているときに、学外の研究所へ

卒業研究生として行かせて貰えることになった


このまま、ここで就職しちゃおう♪と

易きに流れかけたとき

研究所で雇用されないことが決定


当然だ、私は何もかもが未熟だった


そのときは、就職活動時期を過ぎており、且つ編入試験も終わっていた


「浪人ダメ」と言っていた父に


「大卒じゃないと、任せてもらえる仕事も給与も違う」と説き伏せ

浪人を許してもらった



専門学校の卒業式、進路が決まってないのは、たぶん私を入れて1人か2人


学校側とちょっと対立的なことになっていた自分は

先生がニヤニヤしながら「就職どうすんの~」と言ってきたときには

心底腹が立った


私に実力がないからだ

学校の力を借りないと何もできないのは嫌だ

絶対に大学に行かなければ


炎のようなやる気がでた


卒業して3か月後に編入試験があった


大学受験と違い、資料がほとんどない


半ばカケのような勉強をしていたが

専門試験を解き、面接で素直に自分の思いを打ち明けることが出来た


合否は気にしない

やれるだけやったな

思った1週間後


合格通知が来た


私にとって初めての成功体験


8人受けて、受かったのが自分だけだった

母と泣いて喜んだ








みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。