潰瘍性大腸炎になりました

2 / 2 ページ

メスで皮膚を切られ針金を血管にそって通されて
処置中ずっと泣きそうでした。
先生にこれっていつまでつけるんですか?
って質問したら
ずっとやん
って言われたのが今でも鮮明に覚えてる

ずっとなんや…
ずっと点滴
ずっとカテーテル
いやや
むりや
先が見えへんねや
仕事
これから楽しいことやっと出来るって思ったのに
最悪や

その日の夜
ベットで連絡くれた職場の先輩に
もう辞めないといけないかもしれません
とラインし、
すごく会いたかったけど、しばらく会ってなかった友達に
あなたにすごく会いたかったけど、もう会えないかもしれない
とメールし、
仲良くなったシンパパ
少しでも何か役にたってあげたいと思った人
これからいろいろ遊びに行こうねって約束してたので
その人にも
約束守れません。ごめんなさい
とラインし
泣いた
声殺して泣いた

子供にも何も出来へんとこのままずっと入院生活かとか
仕事もせっかく辛い時期越えてこれからやったのにとか
とにかくいろんなこと考えては
やっぱり
声殺して泣くしか出来なかった

そして足の切開した部分
毎日泡洗浄して薬を塗り替えなあかんくて
それも恐怖だった
すごい激痛。
あまりに痛みが酷く
洗浄前に痛み止め服用してから
効いてきたころにしてもらうが
激痛…

ステロイド治療も始まった
MAXの80から
ステロイドはすごかった
ステロイド始めてから熱も和らいできて
炎症で痛かった足、腰
段々炎症が無くなり
車イスも使わず歩けるように

友達から
なんであなたがそんな病気なるん?なんでなん。
絶対良くなる そんなん言わんといて
また絶対会うねんから

シンパパからは
諦めるな!!俺は諦めへん!!
職場の先輩は面会行くよって言ってくれたけど
こんな状態なんで見たら泣いてしまうので
来ないでくださいとお願いした


ほんとこんなことに自分がなるとは…







著者の服部 旬子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。