飲んだ帰りに紛失したパスケースを警察に届けてくれた人がお礼を要求してきたので会いに行ったら恐ろしいことが起きた

1 / 2 ページ

結論から言うと、遺失物法(落とし主と拾い主とのやり取りなどを、警察を介して行う法律。素人解釈)は、遺失物(落とし物)の拾得者(拾って警察に届けてくれた人)によって、所有物の紛失以上のトラブルを招きかねない、とても危険な法律である。

……もっとも、上記は今回の事件を受けたうえでの筆者個人の感想であり、「物を落とす方が悪い!」といった意見は正論であるが受け付けない。

―――――――――

2014年4月某日。親しい友人と東京都内の居酒屋で久方ぶりの再会。互いの近況報告や雑談などで気分も場も盛り上がった帰り、自宅に向かう最終電車に乗る直前で、先刻までとは打って変わって気分も場も盛り下がった。Suicaが入ってるパスケースがない。

「何で!?」を連発する酔っ払いに相手も食傷気味である。

「切符買って帰れ」という真っ当な意見に従い、その夜は久しぶりに、金額が印刷された長方形の固い紙を駆使して自宅に帰った。


翌日。

駅やら交番やらに片っ端から電話した筆者。しかし、先方の返答は全て「届いてません」である。

実は、パスケースの中にはSuica以外にも、原付の免許証(期限切れ)、自分の名刺、映画『桐島、部活やめるってよ』の半券など、個人情報と思い出が凝縮されていた。個人情報よりも思い出の鱗片がなくなったことに絶望した筆者は、即、遺失物届を提出。


数日後、某S警察署から「届いてますよー」という連絡が来た。某S警察署はパスケースを落としたはずの地域から山手線で半周しないと着かない場所にあり、筆者は一度も降り立ったことがない。

「何でそこに?」と思いながらも、「思い出」が見つかったことに歓喜し、すぐに受け取りに行った筆者。


警察署の方の対応はとても迅速だった。

法律で、拾った人にお礼しなければならないと決められているので、今からお相手の連絡先(電話番号と住所)と名前を書いた紙を渡します。こちらでも相手に連絡しますが、あなたから連絡してお互いにお礼の内容を決めてください。その際、警察は一切介入しません

迅速すぎて筆者が質問する隙は全くなかった。まぁいい。見つかっただけでも御の字である。


そう思っていた。「相手の連絡先と名前」の書かれた紙を渡されるまでは。


「住所××、電話番号××、名前山田太郎(仮名)」

相手おとこじゃねーーーーーーか!!! 

え、なのに、お礼の内容は警察が介入せずお互いで決めるの?筆者の場合、顔写真や本名で明らかに女だと分かるブツが遺失物の中に入っていたのだけど……。これ、「お礼は身体で」とか言われたらどーすんの?


……しかし、法律で定められているのであれば従うしかないと思った筆者。Twitterに「パスケース見つかりました!相手にお礼しなきゃダメって法律で決められてるんですね!」とノンキに書き込んだところ「決められてねーよwww」とのツッコミが。


「え?警察の人は、あたかも『それが当たり前です』みたいな言い方だったのに?」と思い調べてみたところ、

Q6 落とし物を拾った人にはどのような権利があるのですか?

 落とし物を拾って届け出た方には、次の権利があります。

 ただし、拾った日から1週間以内に落とし物を警察に届け出なかった方等は拾得者の権利を失います。

 お礼(報労金)を受ける権利

 落とし主が見つかった場合、落とした物の価格の5%以上、20%以下に相当する額を落とし主からお礼として受け取ることができます。

 

 落とし物を受け取る権利(所有権)

警察に届け出て3カ月たっても落とし主が判明しない場合は、落とし物は拾って届け出た方のものとなります。ただし、携帯電話機、カード類等の個人情報が記録された物等は受け取ることができません。

 落とし物の保管等に要した費用を請求する権利

落とし物の届出や保管等に要した費用は、落とし主に請求することができます。


Q8 警察に届けた落とし物が落とし主に返還された場合、警察や落とし主から連絡があるのですか?

みんなの読んで良かった!