【自己啓発本はいらない】科学的に幸福感を最大化して生きていく思考方法を考えた。(第5回)

前話: 【自己啓発本はいらない】科学的に幸福感を最大化して生きていく思考方法を考えた。(第4回)
次話: 【自己啓発本はいらない】科学的に幸福感を最大化して生きていく思考方法を考えた。(第6回)

(3)本能とは?

外部刺激→認識→欲求分類→解釈→感情→行動の諸関係



私2
これが、人間の本能を機能させている本能。
図の左から右を順をおってみていこう。

1.外部刺激を脳の「認識システム」を活用し認識する。
※外部刺激・・・視覚・聴覚・味覚・嗅覚・身体感覚など

2.外部刺激が「どの欲求・充欠」にあたるのか?を分類する。

3.その分類を脳の「解釈システム」を活用し、解釈する。

4.解釈した結果対応する「感情」を発生させ、
「幸福感」→接近行動
「不幸感」→回避行動
を促す。

全ては、「死を回避し、生を強化するため」なんだ。
「生存・安全欲求の欠如」意外は、不幸感は発生しないようにできているんだ。
私1
なんとなく、理解できたような〜
私2
例えば、

【腹が減っている時】
1.外部刺激 「腹が減っている」
2.認識システムを通じて、「生存欲求・欠乏」に分類
3.解釈システムを通じて、対応する「不幸感」を発生させる

4.空腹から回避するために、食料を摂取する。
私1
なるほど。でも、例えば、自分の意見を否定された時に、さみしさ・怒りを感じたりするのはなぜ??
もし、上記のシステムにのっとるなら、
「自分の意見を言う→認められる」を、「承認欲求・充足」とするなら

1.外部刺激「自分の意見を否定される」
2.認識システムを通じて、「承認欲求・欠如」
3.解釈システムを通じて、対応する「0(幸福感でもなく不幸感でもない)」が発生

するはずだよね?
でも、僕は不幸感(さみしさ・怒り)を覚えることがあるのはなぜ?おかしくない?
私2
そこなんだ。全ての問題はそこなんだ。

まとめよう。

動物・人間の本能・・・動物の種の存続・繁殖(死の回避)

感情・・・個体に本能の実現を目的とした行動を促すためのもの

幸福感・・・「生存欲求」「安全欲求」「所属欲求」「承認欲求」「自己実現欲求」の充足時に発生

不幸感・・・「生存欲求」「安全欲求」の欠乏時に発生

私1
なぜ一見「生存欲求」「安全欲求」の欠乏とは関係ない外部刺激にも、不幸感をもってしまうの?
私2
その原因は、「認識システム」「解釈システム」の誤作動によるものなんだ。
そして、その誤作動を起している原因を明らかにし、改善すること。
それこそが、「本能に従う」ことであり、
科学的に幸福感を最大化する方法なんだ。

合計873ストーリー! カタリエ へのご投稿、

ありがとうございました!

続きのストーリーはこちら!

【自己啓発本はいらない】科学的に幸福感を最大化して生きていく思考方法を考えた。(第6回)

著者の笠松 拓也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。