怖い婦長さんに出産後にほめられた話 第二部

1 / 3 ページ

薬品やけどで大ダメージ


看護婦さんというのは、技術者だ・・・と私は思っています。

自分が処置してもらう看護婦さんが「あたり」か「はずれ」か・・・

・・・それは、ときにその患者さんの日常をガラッと変えてしまいます。


点滴の針の抜き差しひとつとっても

やたら痛い人もいれば

え?・・・もう終わったんですか? いつの間に?!

みたいな人もいる。


入院していると、誰がどんな技術レベルなのかわかってくるので

「どうですか~?」とにこやかに病室に入ってくるのが誰か、によって

ゆううつだったりハッピーだったりしたものです。


じっとベッドに寝ていると、することがないので

自然に観察力も上がってきます。

この人、ちょっとがさつだな、と思ってみていると

案の定、お気に入りの蓋付きの湯飲みを

振り返りざまに机にぶつかって落として割られてしまったり。


「技術」と、フレンドリーさは別物だということもわかりました。

私が少し恐れていた、にこりともしない婦長さんは

何をやっても「さすが!」のスムーズさ。


また、「技術」と趣味の良さも別物で、

いつもおしゃれでスタイルも抜群でお化粧も上品で完璧

繊細できれいな結婚指輪をはめている看護婦さんの処置は

かなり雑で、しょっちゅう痛い目にあわされていたので

私は彼女が現れると、がっかりしながら覚悟を決めるのでした。


もちろん誰にお世話してもらうかは、指名できないので、

「運命のいいなり」なところが患者のつらいところだなあ

と、よく思ったものです。



トイレの頻度がへり、パンパンにむくんでしまった私への対策として

カテーテルを入れることになった時のことです。

尿道に管をいれて、強制的に水分を排泄させることになって

その処置にきてくれたのが、あの、きれいな看護婦さん。


あ~・・・彼女か~


みんなの読んで良かった!