中国人の掃除のおばちゃんが窓をぶち破って入ってきた侵入者に対して下した刑罰

☆さん!食堂の窓が破られた!


働いていた会社からの出向で、中国の工場で仕事をしている時の話。


毎日いろんなトラブルが起こる中国ですが、さすがに窓を割られるのはヤバイ匂いがしました。すぐ食堂に駆けつけると掃除のおばちゃんが侵入者の首根っこを掴んで僕の方に差し出しました。


その侵入者は・・・



でっかい鳥


ガラスがあるのをわからずに飛び込んでしまったんでしょう。なんと可哀想な・・・と思いましたが、鳥は元気にジタバタジタバタしていたので、窓ガラスの片付けをお願いしてその日は終わりに。


次の日出社するとまだ破られたガラスがそのままで危ないので、早く片付けておくようスタッフにお願いしました。そこでふと気になり尋ねてみました。


そういえば、あの鳥どうしたの?
スタッフ
掃除のおばちゃんが持って帰って食べましたよ。

なっ!!


おばちゃんが侵入者に下した刑は死刑でした。。。実はこの鳥はキジだったこともあり、結構美味しかったそうです。おばちゃんたくましいなぁ。


後日発覚した話なんですが、このおばちゃんら


工場の空き地に勝手に野菜を植えて育てて、持って帰って食べてる。


排水処理をしてるとはいえ、工業系の工場の敷地内で育てた野菜・・・


たくましい・・・




著者のHoshi Tomokiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。