【11】パニック障害と診断された私が飛行機に乗って海を渡り、海外で4年暮らしてみた話。

1 / 4 ページ

【11.まだ帰れない】


仕事仲間であり、仲良しの友達だと思っていた人と絶縁状態となり、しばらく落ち込んだけれど、周りの友人に あなたが間違ってたわけじゃない、と励まされ、私のワーホリ生活は滞りなく順調に過ぎていった。

長く働くにつれ、任せてもらえる仕事は増え、ただのクリーナーだった私は、気づけばレセプションを任され、リッキーもマネージャーも不在の時は宿とカフェバーの経理までやっていた。
最終的には、レセプションとカフェバーでの調理やコーヒーメーカーのバリスタ、接客、苦情処理なんかもしていた。

ワーホリだった仕事仲間は、皆旅立ってゆき、私はNZ人の中で唯一の外国人スタッフとなっていた。
そんな私にも、この職場を離れる時がくる。
あっという間に一年が経ち、私のワーホリビザも残り1ヶ月を切った。

結局私は丸一年ここで働き、ワーホリスタッフでは異例の昇給までしてもらった。
そして私はまた、人生の岐路に立っていた。


日本へ帰国するか
それとも残るか…
答えはとっくに決まっていた。


NZに残りたい。

このままでは帰れない。


私の英語力は飛躍的に伸びていたし、もし今ここで
大阪では毎日カーニバルなんだろ?
といわれたら、すぐに誤解を解いてあげられるし、
コーヒー屋で買ったもの全部を
ここで飲むか?
と聞かれたら、そんなわけないだろ!とすぐに切り返せる。


でもまだ帰れない。
25歳を過ぎて日本社会から離脱し、時間とお金をかけて海外へ来てしまったからには手ぶらで帰るわけにはいかなかった。

せめて、日本に帰った時に胸を張れるようになるまでは帰らないと決めた。


早速ビザを切り替えるための申請をして、パスポートをイミグレーションに送った。

何度かイミグレーションから電話があり、追加の書類も出して審査の結果を待った。

私が申請したのはただの観光ビザ。

みんなの読んで良かった!