若年性脳梗塞になってみた  その8(終) ~ 小さくなったって末広がれば大きな幸せ ~

1 / 4 ページ

前編: 若年性脳梗塞になってみた その7 ~ 病院愛憎劇場終幕 大事なことは検査でもわからないけど側にある ~

 一晩たってみると親に言われた言葉を真に受けた自分が恥ずかしくなってきました(笑)

 第一今の自分の家族は誰でもない、夫です。両親や姉は夫の次の人。

 そんな人の言葉に惑わされ、自分が生きる価値があるかどうかなんて考えるなんて恥ずかしいたりゃありゃしない!(笑)

 第一それを決めるのは自分自身なのにね。

 まあそれが血族ゆえの想いというか呪いというか・・・難しい心であることに違いはありませんでしょうが(^^;;)

 あとから知ったことですが入院中「家族トラブル」は決して珍しいことではないそうです。

 なので元気なうちからもし病気になった場合を考えて、誰の意見をもっとも大事にすべきかなどその人と十分話し合い、かつ文書(エンディングノートなどで)で残しておいた方がいいと思います(それでもシャシャリ出てくる人はいますが抑止力にはなると思います)

 

 わたしにととってはこの言葉を機に「実家にもう何を言われても気にしまい。私の家族は夫のみ。」と強く感じるようになり、心を乱されることが減りました。


 また「家族は夫のみ」と思うことで「できるだけ今までの家事ができるようにすること」を一つの大目標に挙げ、次に自分の持っている資格(鍼灸)で「自宅で仕事をできるようにすること」を小目標にしてリハビリに臨みました。

 鍼灸では右手より左手が重要、右手も親指と人差し指さえある程度動かせれば治療は問題なくできます。

 リハビリも以前の漠然とした「元のような生活」という所から明確な目標に変わることでリハビリも熱が入りました。

 

                                  


 結局のところ、入院中に「なぜ脳梗塞になったのか?」は分からずじまいでした。

 血液検査でもピルにて上がる血液凝固系の数値が微妙に高い程度であとは全くの問題なし。(なので医師的には敢えていうならピルが原因??位な感じだそう。足の血栓も全くなかったので)

 血管や血液だけ見ればかなり健康体で、心臓も心配のない程度の問題。脳の血管にも問題はありませんでした。

 リハビリも自立が出来るめどがたっていることから3週間程度で退院することになりました。

途中でヒガシ先生(仮)から原因が不明だということでもっと偉い先生にバトンタッチしましたが本当にこの病院にはお世話になりました。


 退院直前の細かな治療の経過や今後のことなどはこの先生から説明を受けました。

 先生からは「たぶんピルが原因の脳梗塞」とされ、食生活、その他の生活も今まで通りで構わない。

 半年は血栓を作りにくい薬を飲むが問題がなければ半年で終了する。妊娠出産もそれ以降ならば特に問題はないとの説明・・・(このあと内膜症と卵巣嚢腫は同じ病院の産婦人科にかかるのですがこの先生の一言で悩ますことになるwまあ餅は餅屋という難しさですね・・・)

 退院後は一週間後に一回来るように言われましたが、その後3か月は2週に一度の通院。それ以降は時間を空けていく予定だが、原因不明に近い脳梗塞なので一年に一度はMRIを取り様子は見ていきましょう・・・・とのことでした。

 ただここでもひと悶着・・・

  その時姉が見舞いに来ており、私と夫だけで受けるつもりでやんわりと「お姉ちゃんはいいよ、二人の問題だから・・・」と断ろうとするも医師が明るく「お姉さんなら同席してもいいですよ。」

先生・・・場の空気呼んで・・・・orz

  この病気の経過と今後のことを実家にそのまま伝えたためにその後また実家とトラブルを起こしますが、長くなるのでこの辺りはまたそのうちにf^_^;)



 さて無事退院日。(退院日が平日だったので前日に夫にほとんどの荷物を車で持って行ってもらい、やはり入院時同様退院も一人w

 怯えていた入院費用は個室込で35万円くらいでした。ですが高額医療補助のために14万くらいで済みました。手続きは病院のケースワーカーさんがやってくれたのでほとんどなにもせず、本当に助かりました・・・


 退院手続きを終え帰宅のためにタクシーに乗った瞬間、ふと涙が出そうになりました。


 どうしてなのかはよくわかりませんでした。

 でも、久しぶりの家に帰ってやっとわかりました。


「生きて帰ってこれたよ!!よかったよ!嬉しいよ!!」


                               

みんなの読んで良かった!