あるレスキュー隊員の話

とあるレスキュー隊隊員がいた。

彼は仕事熱心だった。
あらゆる事故現場にて数多くの人命を救ってきた。
そこが例え困難な現場であっても、老若男女問わず人命救助してきた。
もちろん彼は仕事だとして、感謝の言葉も感謝状も軽く流し、当然のことをしたまでだとして接してきた。

そんな彼が、ある非番の日に海水浴に出かけた。そこで悲劇が起こった。
友人とや楽しんでいる中、突如として襲ってきた高波に、彼は飲まれてしまい、溺れてしまったのだ。

ところが…

周りの人間は、彼が有能なレスキュー隊員で有るから、助けはいらないと考えた。
心配ない。今まで何百人もの人を救ってきたんだ。ケロっとして帰ってくるよ。


しかし


…彼は帰らぬ人となった。



例え何百人の命を救った人間でも、自分の命までは救えなかったのだ。







有能な人、卒なく物事をこなす人には、ホントに助力は不要なのだろうか。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のNamikoshi Takamasaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。