バレンタインの思い出

Dさんは、大阪の谷町って所にある焼肉屋の常連だった。

そこの店員の「ババア」の話。

ババア以外の店員はテキパキ動いて、ハキハキ喋る20代の店員だが、店員+店長はババアにガンガン文句を言うのだ。

「おい、ババア!4番下げろや!!」「ババア!早く持ってけや!!」

普通なら、ババアかわいそう…ってなるんだが、このババア、明らかに要領が悪く、しかも怒られたらいちいち

「更年期やねん~」「そんなキャンキャンいいなや~」

と口答えする。

Dさんは、2/14日に閉店間際の店内でビビンバを食べていると、仕事終わりのババアが、店員にチョコを配っているのを見た。

店員達は一様にムスッとした感じでババアからチョコを受け取ってる

「流石にババアもかわいそうだな…」

Dさんはそう思い、ビビンバをつついた。

そして、ババアがお疲れ様~と言いながら、外に出る瞬間

「ババア!!ありがとよ!!!」

っと店内に響きわたる大声が響いた。

ババアはおろか、Dさんもそれを聞くと、感動してその場で固まってしまった。

その空気を破るかの様に、奥から顔を出す店長

Dさんは「ここで店長からの感謝の言葉か!」と期待した。

店長は奥から顔を出すと、大声で言った。

「ババア、何で俺だけ手作りチョコじゃねーんだよ!!」

Dさんは、0.2秒後にビビンバを吹いた。

著者の森本 晋平さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。