8 min read

英語が嫌いで苦手だった僕が高校でTOEFL iTPのスコアを147上げて、日本の大学の推薦を蹴りイギリスの大学に進学する話

Picture?width=400&height=400
著者:
川本 和
1 / 6ページ

僕は今年の秋から、イギリスのサウサンプトン大学に進学します。

サウサンプトン大学は世界ランキング100位以内に入ったこともある「イギリスのトップ校」
そんな大学に、京都の私立高校から直接進学します。


もちろん、入学には英語力も必要でした。

今でこそ「英語は得意!」と言えますが、高校当初はぜんぜん。


むしろ英語が大の苦手

ちなみに目安としてだしたTOEFL iTPですが、当初は380。これは英語を知らなくても、勘でマークシートを塗りつぶせば取れる点数です。
それを527、海外大学への進学レベルまであげました。

そんな僕が高校で英語嫌いを克服し、サウサンプトン大学に合格するまでの話。


~項目~

・英語なんて大っ嫌い
・恥をかいた英語の授業
・タイのエリート集団との遭遇
・タイで味わったレベルの差
・夢を見つけ、初めて知ったイギリスという選択
・好結果のスパイラル
・突然の通知


英語なんて大っ嫌い!!


高1の春、僕は焦っていました。

入った高校のクラスには、偏差値70近い人たちがいる。

しかし僕はと言えば・・・内部進学で、ゆとり世代で・・・

英語ももちろん、下から数えた方が早い。


英語での会話なんてもってのほか。
中学でも、ふつう勉強したらテストで80点くらい取れるのに、僕は毎日勉強しても取れません。

だから英語なんて大っ嫌い!



恥をかいた英語の授業


英語が嫌いでしたが、英語を話せるようにはなりたい。
だって英語なんかに会話の邪魔されたくないじゃないですか。

けど何を勉強すればいいのか分からない・・・

そうこうしてる間に、オリエンテーション期間もすぎ、授業が始まりました。


「高校の英語の授業とか、絶対ムズいやん・・・」

絶望の淵の僕にとって、初めての英語の授業は驚きでした。

会話で使えるフレーズ集みたいなプリントを配って、覚えるだけ。

「え、覚えるだけ?めっちゃ簡単やん」


そんな簡単なわけがありません。

発音はしっかりさせられるし、授業の後半には、そのフレーズを使って会話をしなければいけません。

必死でプリントを丸暗記しても、それ以外の単語は全然分からない。

会話でいきなり"by the way"なんて言われたら
\(^_^)/←こんな状態