がんばった

10:07発 新快速野洲行き

乗りたい…

どーしても、乗りたい

僕は今、明石市民病院の前

残り、5:27....26....24....23....

5分しかない

次のバスは10:07までない

どうする、俺

明石駅まで走る?

諦める?


いや、走る

絶対間に合う!

走った

間に合うか半信半疑で走った

途中、中学生の集団がいて

何か走っている自分がかっこ悪いんじゃないか…そんなことを思い歩いてその付近を通り過ぎていく

時計を見ると…

2:37....36....35....

走らないと

駅が見える付近まで来た時、

これ、ひょっとして間に合うんじゃない⁈

俄然、走る足が進む

で、結果どーなったと思いますか???

間に合ったのか。
ダメだったのか。






著者のNakatsubo Toshihitoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。