マルチビジネスにどっぷりはまった友人の目を覚ます質問文

実話です。

具体的な目標を尋ねる

お金持ちになりたいんだって?
じゃあ、目標の年収教えてよ。

目標が現実的かどうか尋ねる

あなたの組織にいったい何人、その年収の人がいるのかな?
まさか、あなたが最初の人になるわけじゃないよね?
本当にお金持ちになれるの?

組織の規模を尋ねる

あなたの組織の会員数はいったい何人くらいなの?
もうみんな会員なの?
それともこれから増えるところなの?

数学的に無理だと分からせる

なるほど、つまりあなたの組織ではおおよそ○○%の人があなたの目標とする年収に達しているわけだ。それはすごいね。
ところで、今の日本の人口に○○%をかけてみると、あなたの組織の会員数を超えてしまっているんだけど?

相当な努力が必要だと理解させる

つまり、あなたの組織のビジネスモデルが本当に素晴らしくて、これから時間をかけて日本全体に行き渡ると仮定しても、普通の努力ではあなたはあなたの目標年収に到達できないね。
うーん、○○万人くらいは自力で追い越さないといけない計算になるねぇ。何か秘策でも教わった?

あとは不安になるくらい褒める

やればいいじゃん、目標にむかって死ぬ気で努力するんでしょう?
私には到底無理だから私はやらないし、あなたを応援しないし、友達無くしたくないから一切協力しないけど、それだけの覚悟と努力があればどこでだってうまくやれるって!
今の仕事もそれぐらいの熱意で頑張ってるんでしょ?
え…?違うの?

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の吉田 勇気さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。