歌舞伎町でゲイのおじいちゃんに7千円で売られそうになった話。

1 / 3 ページ



今からもう7年以上前の話だ。

20歳になってお酒の味を覚えた僕は毎日のように友達と飲んでいた。

その日の夜も友達と飲む約束をしていた。

場所は新宿歌舞伎町、様々な人々やネオンが交じり合い、朝まで眠ることのない東洋一の繁華街だ。

予定の時間より早く着いてしまった僕は駅東口の喫煙所で煙草を吸って時間を潰していた。

しばらくするとポケットの中の携帯が振動して鳴り始めた。


自分
もしもし。
友達
あ~ごめん、今日行けなくなった。
自分
マジ?もう新宿着いちゃったよ。
友達
ほんと、ごめん。また今度飲もう。


そう言うとあっけなく電話は切れてしまった。

そんな不測の事態に戸惑い苛立った僕は2本目の煙草に火を付けた。

今日、これからどうするかなあ…。


謎のロマンスグレー紳士現れる。


ちょうど2本目の煙草が燃え尽きかけたときだった。

気が付くと目の前に白髪を短く綺麗にまとめ、紺のスーツを着た中年の男が立っている。

紳士というイメージがぴったりのその男は白い歯を見せて僕に話し始めた。

ロマンスグレー
お兄さん、これから飲みに行くの?
自分
いや、その予定だったんだですけど、ドタキャンされちゃって…。
ロマンスグレー
そうなんだ(笑 じゃあこれから1人で飲みに行くのかな?
自分
それをどうしようか考え中です…。

いきなり話しかけられて最初は戸惑ったものの、ロマンスグレーのフレンドリーさに心を少し開いた僕はそのまましばらく彼と世間話を続けた。


大きな紙袋を持ったおじいちゃん現れる。


ロマンスグレーとの世間話も尽き始め、その場を後にしようとしたときだった。

前から大きな紙袋を抱えたおじいちゃんが笑顔でこちらに向かってくる。

すると自然に僕とロマンスグレーとの話の輪に加わり、3人での会話が始まった。

おじいちゃん
暑いね~今日は。ほんとに暑い。何してるの?2人で。
ロマンスグレー
この兄ちゃんが、飲むのドタキャンされたっていうから、まあいろいろ話してたのよ。
おじいちゃん
ドタキャン(笑 兄ちゃんも災難だな。そうだ、これからみんなで飯食いに行こう。腹減ったんだよ。
自分
いや、そんな…いきなり…。
おじいちゃん
これも何かの縁だよ。金は俺が出すから。

そう言うとおじいちゃんは抱えていた紙袋の中を僕たちに見せた。

紙袋の中ではお札や小銭が乱雑に散らばっていた。

自分
なんで紙袋にお金入れてるんですか?危ないなあ。
おじいちゃん
財布はめんどくさい。それより早く行こ。
自分
財布はめんどくさいって…。

すると、それまで腕を組んで黙っていたロマンスグレーが口を開いた。

ロマンスグレー
俺、良い店知ってるよ。
おじいちゃん
ほんとか、じゃあそこ行こ。

そんな2人の勢いに流されて結局僕はこの2人と食事に行くことになった。

知らない人とどこかに行く不安もあったが、この予想外の展開にワクワクしている自分もそこにいた。


飯を食う場所=カラオケ屋!?



ロマンスグレーに案内されてたどり着いたお店は歌舞伎町のカラオケ屋だった。

みんなの読んで良かった!