【DRAFT(話の骨子)受験勉強中に『モテよう』などと思うな!太ってもいいじゃないか甘いものを沢山喰らえ!】パン屋→資格試験予備校講師→税理士になってみて、感じる『難関資格試験 』合格の仕方や向き合い方や色々。

後編: 【01このストーリーを書く動機】パン屋→資格試験予備校講師→税理士になってみて、感じる『難関資格試験 』合格の仕方や向き合い方や色々。

税理士試験の勉強中はとにかく、しっかり栄養を取っていた。



受験生としては、ウォーキングをしながら暗記したりで、一日1.5時間くらいは運動していただが、それ以上に、肉と、甘いモノをよく食べた。


20代中盤の、恋愛を謳歌したいお年頃。。。。試験勉強をしていてもやはり【モテたい】は男の本能。。。。本音である。


しかし!!試験勉強中はいつも自分を奮い立たせていたのは、【ダイエットならいつでも出来る】


【試験は1度落ちたら1年間リベンジが出来ない】という事。


そのため、問題の演習をする際、理論暗記をする際には、必ずまとめ買いをしているチロルチョコを2,3個食べる。


週に1度はステーキを食べるなどの、高カロリー生活を送っていたところ、受験専念時期には1年に3キロづつ確実に体重が上昇していくのであった。





続きのストーリーはこちら!

【01このストーリーを書く動機】パン屋→資格試験予備校講師→税理士になってみて、感じる『難関資格試験 』合格の仕方や向き合い方や色々。

みんなの読んで良かった!