【DRAFT(話の骨子)税理士試験に合格する=トップ10%×5回に入ることの心構え】パン屋→資格試験予備校講師→税理士になってみて、感じる『難関資格試験 』合格の仕方や向き合い方や色々。

乱暴な言い方になるが、試験勉強をしているときは、とにかく【あまちゃん】な事は考えるな。

【同じ科目を試験勉強している回り全員敵だと思え】

一緒に勉強している仲間もいるだろうし、その仲間に何かいじわるをして、蹴落としてやれと言っているのではない。ただしそれくらいの、一般的な日本人の感覚からすれば、

エゴととられかねないような思考で勉強しなければ、トップ10%しか合格しない試験に5科目合格するというのは、なかなか厳しい。

自分は受験生時代に、50人ほどの生徒がいるクラスで勉強していたが、自分より【バカそうな人】を探すのが趣味だった。

心に中で受講生達を数えるのである【バカ、バカ、バカ、バカ。。。。】

単純計算で、10倍以上バカがいれば、合格自分は合格出来るという計算になる。

実際に自分にバカとカウントされた人が合格したのかなどは当然しらない。

しかし、合格率10%の国家資格を勉強する上での心構えはそれくらい、ある意味【嫌なやつ】でいなければいけないと思う。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の廣升 健生さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。