【シリーズ本試験でやること 最初に項目ごとに線を引き、総合問題の構成を頭に入れる】パン屋→資格試験予備校講師→税理士になってみて、感じる『難関資格試験 』合格の仕方や向き合い方や色々。

次話: 【01このストーリーを書く動機】パン屋→資格試験予備校講師→税理士になってみて、感じる『難関資格試験 』合格の仕方や向き合い方や色々。

総合問題の回答のノウハウ

  本試験において、一番やってはいけないのは、基本項目の読み落としである。たとえば法人の業種、資本金等の額、中小企業者等に該当するのか否かetc

緊張していない状態なら冷静に判定できる事も本試験では時間に追われて焦っているため、読み落とすことも少なくない。

そこで、総合問題を開始するときにあえて、自身での儀式を作っておく。

上記で、項目ごとに線を引き、ブロックごとの論点を目に入れる様にする。

線を引くのに要する時間は30秒程度。あえて、この手間を作ることで、総合問題の全体量の把握。各項目の内容確認。基本項目の取りこぼしの予防が出来る。

本試験緊張した中でも必ず行うルーチン作業をあえて作っておくのだ

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

【01このストーリーを書く動機】パン屋→資格試験予備校講師→税理士になってみて、感じる『難関資格試験 』合格の仕方や向き合い方や色々。

著者の廣升 健生さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。