「キャプテンたくじ」 ball de amigo!

1 / 7 ページ

サッカーボール持ってブラジル行くんだから、自分のサッカーキャリアがどれくらいあんのか、とりあえず書いておかなきゃいけないだろうと思ってるから書く。たぶん長くなるだろうから、何日かに分けて書くかも。 読んでね。

で、僕のサッカーライフの上で伝えなきゃいけないこと、実はそれがサッカーではなく「ラグビー」なんだw

僕は小学校1年から6年間 長崎市のラグビースクールでラグビーをやっていた。気がついたら毎週日曜日、黄色と赤の横じまの長袖ジャージを着せられて親父の車に乗せられてグランドに向かっていた。。

当時のラグビー人気は凄かったらしく、そのスクールに入るのにも抽選で当たった奴しか入れなかったらしい。僕は三男で兄貴が2人いるが、長男と僕と2人も抽選にあたったみたいで、ラグビーをやってたらしい親父もさぞ喜んだに違いない。

僕が小学校3年の時に赴任してきた担任の西川先生が佐古小学校サッカー部を創設した。サッカー部に入れるのは4年生からで、早くサッカーしたくて待ち遠しくてしょうがなかった記憶がある。 僕の兄貴は二人ともすぐにサッカー部に入り、下校中に練習する兄貴の姿や兄貴の同級生、それを指導する西川先生を校門の外からよく眺めていた。

小学3年の終わりの頃、西川先生の家に遊びに行ったことがある。そして皆でブランン管の映像に釘つけになったてた。次男の兄貴名はコージだがジーコが好きでたまらないみたいなことを言っていた。

僕がテレビで見た初めてのサッカー。映像もクリアではない国際放送で、その中に映ってたのは黄色いユニホームのブラジル。 

PK戦でセレソンの最初のキッカーがPKを外したんだけど、そのありえない蹴り方が僕の中では衝撃で記憶の中に今でも残っている。

助走なしで蹴ってたw ソクラテス 舐めてんのかw

小学4年になって待ちに待ったサッカー部に入った。

練習は月、水、金と土曜日は学校が午前中までなので午後から。日曜日は練習試合や公式戦がなければ休みだった。次男の兄貴が年長になったので、僕は兄貴の同級生からよく可愛がられ、弄られ役になった。

中学に進学した長男はサッカー部に入らず、ラグビースクールに残り、学校が終わってから電車に乗って練習に行き、いつも帰りが遅かった。

サッカー部の練習は5年生と6年生がメインで、4年生は球拾いと、グランドの端にある殆ど誰も使わないバスケットゴールがあるスペースでひたすらミニゲームをやっていた。

ミニゲームと言っても半分ほったらかしの遊びで、西川先生の熱血指導のもとグランド全面で汗を流す5.6年生とは違い、疲れたらサッカーボールに座りお喋りはじめたり、バスケット始めたりしてよく怒られてた。 たまーに上手い奴が呼ばれて上級者と一緒にプレーしてて、それがとても羨ましかった。

その上手い奴とか、その次に上手い奴とか、日が経つに連れ、つぎつぎ練習に参加し始めて、西川先生の監督がまったく届かなくなった僕と数人はとうとうボールを置きをジャングルジムにも手を伸ばし始め、隣りのプールの門を超え、冬の間に放流した鯉を「蛾」で釣れるかなんてやっていた。

僕は体力が平均以下で足の速さは下から数えたほうが断然に近い。学年が上がる度にそれを実感していたのである。

今の小学生のサッカー指導は想像もつかない程進化してるだろうが、昔は足が速い奴ほど上手い奴扱いされてた。サッカーに対する劣等感は既に感じつつも、皆とボールを蹴る時間はとても楽しかった。

何よりもゴールを決めた時の爽快感は全てのものを超越し、ほんの少しの時間だけど、超大作の映画の主人公になった気分がしていた。

西川先生が手配して集団で購入したスパイクもきて、僕のサッカーライフがスタートしたのである。

そして毎週必ずくる日曜日の朝、僕は横縞のジャージを着せられ親父のブルーバードに乗せられてラグビースクールに通うのである。

今日は5月3日 ゴールデンのウィークの初日 8時10分。繁忙期のシラス屋のシフトで運よくお休みを頂いて日差しが差し込む1Rで書いている。

朝からこんなことをすると執筆家になった気分ではあるが、僕の文章を見ていただければ分かる通り、難しい漢字は使わない。というか知らない。

文章構成とかわからないw 全く気にしてません。

「気持ち」でプレーしているのである。気持ちが一番、電話は2番。でもカステラは福砂屋派である。

僕は国語が大の苦手で、通知表は5段階でいつも2。でも2なりの渾身の文章である。 こんなにパソコンに触れるのは「エロサイト」見るとき以外初めてでタイピングの練習しとけば良かったと思うし。

なんせ幼少の記憶を戻しながら書いてるのでいつもと違う脳を使っているせいか、朝起きると頭がボーとして止まらないw

日曜日の朝になると親父のブルーバードに載せられて、長崎市営サッカーラグビー場に練習に行く。サッカーの大会や、健やかゲートボール大会など、何もイベントが無い以外はラグビースクールが一日貸切りしてるのである。 

朝の9時前にグランド近くにポイと車から降ろされて、テケテケ歩いていく。グランドに着くと俺と同じ黄色と赤の横じまのユニホームを着た奴らが小学1年から6年まで200人ぐらいがうじゃうじゃだんご状態になっている。

 自分の学年を探して近くに荷物を置き、すでに先に着いて遊んでいる黄色と赤の横じまの生徒の輪の中にに入っていく。と言いたいが全く入れないのである。

長崎市の北部の小学校や中心より北の付属の小学校から来てる生徒が多く、みんな仲良しである程度の組織がすでに形成されていた。当たり前だけど俺が通ってた佐古小学校から通ってた生徒は誰一人もおらず、中心街から通う生徒さえ数人程だった。完全なアウェーでの戦いであった。  

誰かに話しかけても一言で終わり、たまには無視され。無視だ。 

その局面をプレーで打開できる身体能力があれば一躍皆の仲間入りなんだろうが、ここでも足の遅さと体力のなさは十分に発揮し、なおかつアウェーとなるともはや太刀打ちできなかった。

いじめらてる訳ではなかったが、全く相手にされてなかったのである。もちろんここでも足が速いやつがその中のリーダー的役割を果たしていて、楕円形のボールを持ってチーターのように駆け抜ける姿を乙女が見るように僕は良く眺めていたもんだ。

平日に学校で無邪気に騒いでいる性格とは対照的に日曜日になると一切の会話もなく、一人お経を唱えだし、ただただ無の時間が過ぎるのを待つだけである。孤独感w これが多分孤独感。 そして練習が終わるころに今までどこにいたのか親父の姿がひょこっと現れ、車に乗り家に帰るのである。

ラグビーが嫌いという訳ではなかったんだが、何よりも辛かったのが、サッカーの練習試合に行けなかったことだ。もちろん一軍の試合に出ることはないが2軍戦!だってある。月、水、金、土と練習して、たまにくる日曜日の練習試合に参加できずにラグビーに行く。これが一番辛かった。

練習試合の翌日の月曜日の朝、クラスメートから2軍戦の試合をした、ゴールを決めた何て話を聞くと悔しくて悔しくて!

そしてとうとう来たる日曜日の朝、俺は「脱走」した。

ジャージに着替え階段を下りるといつものようにエンジンを噴かせたブルーバードが待機している。でもそこに親父の姿が見えない。 

今だ!  ここぞとばかりに俺は逃げた。全速力のスピードで。

2軒隣にある幼なじみの麺屋の息子「ヒロ」の家を通過し、病院の横の坂をのぼり。そう、その道は学校へ行く通学路だ。その日はサッカーの練習試合がある日だ。次男の兄貴はもちろ行っている。他校の学校であるのでそこには誰もいなはずなんだけど。

誰かに聞いてほしくて大泣きしながら、ひたすら走った。病院の裏手の細い通りまで来た時、襟をグイッと掴まれた。母親だ。

鬼のような表情の母親はその場で俺に20発以上のビンタを食らわし、襟を掴んで引きずりながら戻り歯から血が垂れてかけてる俺をブルーバードに投げ入れた。 

と同時に親父は車を何事もなかったように発進した。親父との会話は一切なく静まりかえった車内の中に、決まって流れる日曜ラジオのBGMだけが鳴り響いていた。僕を張り倒してた時に母親が吐いた言葉が蘇る。

みんなの読んで良かった!