生後3ヶ月から親元で暮らせない子どもたちが、こんなにもたくさんいるという日本の現実に目を向けて、実際に行動を起こした話

1 / 3 ページ

新規事業を起ち上げた社長のセミナーを会社でやるというので参加してみたら全然違った

会場では林さんという、自分と同い年の女性社長が元気に講演されていた。

≪林恵子氏プロフィール≫

NPO法人ブリッジフォースマイル理事長。津田塾大学卒業後、株式会社パソナに入社。副社長秘書、営業、面接、契約管理、人事などを担当。二児を出産後、子育てと仕事を両立させながら、MBA留学を目指して参加した英語研修を通じて児童養護施設と出会う。2004年12月、NPOブリッジフォースマイル創設(翌年6月法人成立)。NPOの仕事を本業とするため、パソナを退職、現在に至る。


確かに新規事業を起ち上げた起業家の話に間違いはなかった。ただ1点、「児童養護施設から巣立つ子どもたちを支援するNPO」というビジネスにおける点が、正直に言えば、ひっかかった。


ボランティアの世間一般的なイメージ


生活支援系のボランティアというと、赤い羽根や、介護犬の募金、はたまた保健所に送られるペットを助けて下さい、など、色々あると思うが、例えばそこに募金というアクションがあった場合、それは本当に困ってる人の役になっているのか?という疑問はある。


もちろん募金系のボランティア自体はいいことだと思うが、例えば飢餓の国への募金や物資は、現地に届けられる途中で盗賊に襲われて持っていかれてしまっているという話を聞いたりすると、「そういうこともあるかもしれないな・・・」、とも思うし、「ボランティアを募集しています」と聞くと、二の足を踏んでしまうというのはあった。


施設に預けられている子どもたちは日本に3万人

セミナーでは、実際にNHKで放映されたドキュメンタリーが流された。

それによると、下は生後3ヶ月から上は18歳までで、国内では3万人もの子どもたちが、親元で暮らせないという。


家族と暮らせないと聞くと、てっきり親が病死とか事故死による「孤児」かと思ったのだが、実はそういう例は少なく、親は生きているのに、親が子供を虐待したり、育てることができなかったりするケースが多いと聞いて、自分も子供がいるのでショックを受けた。


生後3ヶ月から一緒に暮らせないなんて、それだけで泣けてくる。


でも、親が子育てができなくなったのには色々な理由があると思われるが、ここで「育てられない親が悪い!ひどい!」と決めつけるのは簡単な事だが、果たしてそれでいいのだろうか?

子育てをしたことがある人にならわかると思うが、”せっかく子供が生まれたのに、育てたくない親なんて1人もいない”と思うし、それなのに育てられないということはよっぽど厳しい理由があるのだと思う。


なので、その育てられないという環境をそもそも改善できなければ問題の根本的な解決にはならない。例えばギャンブルにハマってしまって借金まみれでお金がないような場合には、そこに安直に金銭面の援助をしても抜本的な解決には向かわないと思うのだ。


人はいったい何歳からなら、自分の人生と思えるようになるのだろうか


いつからかずっと疑問に思っていたことがある。


大人になってからはある程度のことは自業自得ということで、自分で選んだ道だから自分で責任をとるべきだ、と言われるものだが、だったら、「何歳からならその人は自分ことに責任をもてるようになるのだろうか?自分の置かれた境遇に納得できるのだろうか?


少なくとも生まれてすぐに、そうはならないはずだ。


例えば生後3ヶ月ってこれくらいだ(※うちの子)

自分で立てないのは当たり前で、ご飯だって食べられないし、歯もない。


生まれ育った環境は人によってバラバラであり、もちろん親は選べない。

みんなの読んで良かった!