私のアメリカ移住 ⑵

1 / 3 ページ

離婚後、3歳の息子の手を引き渡米。私の条件下で出来たアメリカ移住。その経緯を語る、連載実話。


私は、生後1歳6ヶ月の時に、大病を経験している。

「敗血症」

簡単に言えば、血液が腐る病気。

肺炎や、腎盂炎から、病原体が血液中に入り込み、体全体に回り、高熱・震え・血圧低下・意識障害を起こす。

その後、免疫低下で、死に至る病。

大変危険な病気で、のちに私が大人に成って、自分は赤ん坊の頃、敗血症に成ったと言うと、

「よく生きていられたねーー」

と、驚かれた。

特に、医療関係の方は、どんな病気か詳しいため、日本でも、アメリカでも、同じ事を言われ、驚かれる。


42度~43度の高熱が一週間以上続き、周りの大人たちは、

この子は、このまま死ぬか、
生き残っても、高熱の影響で、脳にダメージが残るかも…と、嘆いたらしい。

当時、父親の経営する自動車教習所は、私達家族の住む家からは遠かった。

私達の住んで居たのは、小さな町。

町医者の小牧先生と言う、おじいちゃん医者は、毎日私の家に来られ、多い日は日に3度往診に来て看病して下さったらしい。

きっと今の時代なら、ヘリコプターで大きな大学病院まで運んで、集中治療室での治療だろうが、

あの当時、小さな町の田舎の家から、高熱の赤ん坊を動かして大きな大学病院に行く方が、危険な行動と思われて居たのかもしれない…

ヘリコプター移動も、きっと無かったのでは?

小牧先生の献身的な介護のお陰で、私は死なずに生き残ることが出来た。

その、敗血症が落ち着いた約2ヶ月後に、

私の父親は、心臓発作で他界してしまった。

みんなの読んで良かった!