私のアメリカ移住 (3)


離婚後、3歳の息子の手を引き渡米。私の条件下で出来たアメリカ移住。その経緯を語る、連載実話。


その後、小さな町から、宮崎市に引っ越し、学校も変わったが、
いじめに合うことも無く、大勢の新しい友達に恵まれ、順調に楽しい毎日を過ごす。
高校卒業後、大学進学を母や親戚は望んだが、お金も掛かるし、これ以上、母親への負担を増やすのは気が引けて、就職する。
しかも勉強は面倒くさいし。

就職先は、全く希望の所では無かった…親戚一同が、将来の私の結婚の為にと、大きなお世話を焼いて、当時、県のお偉いさんの一部に入っていた、母親の叔父さんに頼み込んで、私の就職先を勝手に決めて来た!

一応、面接に行ったが、全くやる気なしの面接にも関わらず、他の素直な人達を落としてでも、コネで面接にやって来た私を合格にしてくれた…

なんと言う日本社会…

が、一応、仕事を頂いた以上、精一杯自分の出来る限り、働かせて頂いた。職場でも、みんなと仲良く、毎日笑いが絶えず、全く問題無く過ごしたが、

違う…何かが違う…

将来の結婚の為や、その相手を見つける為に、私は生きて居るのでは無い!!

と、その就職先を一年で辞めて、
先ずはブテイックのバイトにつく。

母親は、ものすごーく怒った!!

安定した職場から、バイトに成ったからだ…しかも、親に相談なしで…

私は、ポジティブで無鉄砲で無計画

気持ちの向くままに行動するのが大好き

それで、間違ったり、後悔したことは、生まれて一度も無い!

親にも相談しない。

結果だけ報告する。

大事な決断は、今まで全て、自分一人で決めて来た!

自慢だ!!?

その後、東京にも、一年ちょっと住んだ。
どんな所か、田舎者なので、感じてみたかった。

感想は、私には、ぜんぜん向いていない

東京で働かれてる人達は、本当に偉いと思った。

私は、あの、混雑した重圧感に、耐えられなかった…

のんびり、海の近くの、
サーファー天国 = 宮崎が向いている

地元に戻り、デパートの中のブランドもののブテイックで接客業につく。
その後、数年後知り合った人と結婚する。

彼氏は、常に居た。

いろんな人との恋愛は楽しかった。

でも、結婚と言う経験もしてみたく成った。
結婚適齢期だったのも有る。

そんな時に、現れた人が、私と同じ誕生日の人だった。

アホみたいに、運命を感じて、結婚!

若気の至りでは無い。場数は踏んで居たので、落ち着いてみようかなあ?と思ったのだ。

結婚はトントントンと進み、その後、男の子を出産。

結婚した相手は、料理屋の息子。

地元では、老舗で、彼のお婆さんの代から続いて居た。
お婆さんの代には、総理大臣もお見えに成った事が有ると、自慢話を聞いたことがある。

彼の両親は、彼が中学生の時に離婚している。父親の暴力が原因らしい。
彼は、母親の元で育った。父親を、非常に憎んでいた。
母親を毎晩の様に、酔っ払っては、暴力を振るって殴っていたからだ…
母親は、暴力を振るわれても、子供達の将来の為、離婚せずに我慢していたが、そのうち父親に愛人が出来て、その人と一緒になる為、離婚をさせられたらしい。

が、長男で有る彼は、親が離婚していても、父親の料理屋の後取りとして、私との結婚後に、家の家業を継ぐ為に戻って行った。

その後、彼との結婚は、私の息子が1歳半の時に終わりを迎えた。

理由は、
まあ、離婚は、
どちらが悪いでは無く、
             
             どちらも悪い。

彼の父親へ対する、怒り等の愚痴を、毎日毎日聞かされ、
子供を産んだばかりで、ホルモンのバランスが、崩れに崩れていた私は、そういう事を聞くのに嫌気がさした。
器が小さく成ったのだ。

人のことをかまっていられない状態だった。
ケミストリーも、全く感じなかった。

あの、同じ誕生日のミラクルはどこに行ったのやら…

ふと、思った。

こういう環境下で、子供を育てて、息子は幸せと思うのかなあ…?

私は何をする為に、この世界にいるのか?
夢ってなんだったっけ?

息子が、1歳の時に別居、
1歳半の時に離婚が成立。

その後、シングルママと成り、仕事の毎日。

母子家庭だから、貧乏だ。

特に、実家が裕福とかでは無いから、とにかく働いた。
でも、辛いとか全く感じなかった!
離婚して、解放され、ウキウキだった!

そんなある日、私の故郷である町役場から、緊急の連絡が入る…


続く






































みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。