壊れたゲーム機 X リサイクル = 年商3億円の事業ができた話

1 / 8 ページ



○いきなり質問!

再来月に引っ越しのため、部屋の掃除しているあなた! 

こんなボロボロで仕えないゲーム機を発見した場合、どうしますか?

A. ゴミとして捨てます。

B. どっかに売ります。

C.私はゲーム機に興味なし!こんな汚いものを触れません!

.

.

.

.

.

.

.

.

<Aを選んだあなた>

それはちょっともったいない事をしたかもしれません。

千円札をトレイに流された事と同じです。


<Bを選んだあなた>

もしゲーム店やリサイクルショップへ持って無料処分された場合、ご愁傷さまです。

なぜなら、壊れたPS2(ソニー社 プレイステーション2)は今のヤフーオークションでも、2、3000円で売れるかもしれません。

2,3年前でしたら、壊れたPS2本体のみでもヤフオクで最高4800円ぐらい値段で売れました。


<Cを選んだあなた>

ふーむ、これからの話は、人見知りのおっさんの奮闘記ですけど。。。

じゃ、Cを選んだ貴方のために、特別に内容を面白く書いてみますから、よんでみてください。


へい、ヨメヨメ詐欺です。(これ2014年流行語大賞を狙えますかな?)


○知っていますか?壊れたゲーム機の価値?

絶対店に出せない状態のゲーム機(見た目ボロボロ、不良品、付属品なし本体のみ)ですが、海外の経済発展途上国の人に喜んで使われているかしっていますか?

日本では、毎年大体15万〜20万台のプレステーション2 (PS2) が回収されて、海外に輸出されました。

昔あまり知られていなかったリユースビジネスのため、海外輸出専門の回収業者にとってとても美味しい商売でした。


(20ftコンテナに3〜4千台のPS2を詰めれれば、総額1000万円の商品がはいったコンテナに!)



PS2の他に、不要になった型落ちの中古ゲーム(XBOX、初代PS、一部の携帯型ゲーム機)は、壊れても東南アジアや中国や南米や中東に需要があります。

初代PSは、未だに紛争中のアフガニスタンとイラクにもニーズがあります。

みんなの読んで良かった!