壊れたゲーム機 X リサイクル = 年商3億円の事業ができた話

1 / 3 ページ



○いきなり質問!

再来月に引っ越しのため、部屋の掃除しているあなた! 

こんなボロボロで仕えないゲーム機を発見した場合、どうしますか?

A. ゴミとして捨てます。

B. どっかに売ります。

C.私はゲーム機に興味なし!こんな汚いものを触れません!

.

.

.

.

.

.

.

.

<Aを選んだあなた>

それはちょっともったいない事をしたかもしれません。

千円札をトレイに流された事と同じです。


<Bを選んだあなた>

もしゲーム店やリサイクルショップへ持って無料処分された場合、ご愁傷さまです。

なぜなら、壊れたPS2(ソニー社 プレイステーション2)は今のヤフーオークションでも、2、3000円で売れるかもしれません。

2,3年前でしたら、壊れたPS2本体のみでもヤフオクで最高4800円ぐらい値段で売れました。


<Cを選んだあなた>

ふーむ、これからの話は、人見知りのおっさんの奮闘記ですけど。。。

じゃ、Cを選んだ貴方のために、特別に内容を面白く書いてみますから、よんでみてください。


へい、ヨメヨメ詐欺です。(これ2014年流行語大賞を狙えますかな?)


○知っていますか?壊れたゲーム機の価値?

絶対店に出せない状態のゲーム機(見た目ボロボロ、不良品、付属品なし本体のみ)ですが、海外の経済発展途上国の人に喜んで使われているかしっていますか?

日本では、毎年大体15万〜20万台のプレステーション2 (PS2) が回収されて、海外に輸出されました。

昔あまり知られていなかったリユースビジネスのため、海外輸出専門の回収業者にとってとても美味しい商売でした。


(20ftコンテナに3〜4千台のPS2を詰めれれば、総額1000万円の商品がはいったコンテナに!)



PS2の他に、不要になった型落ちの中古ゲーム(XBOX、初代PS、一部の携帯型ゲーム機)は、壊れても東南アジアや中国や南米や中東に需要があります。

初代PSは、未だに紛争中のアフガニスタンとイラクにもニーズがあります。

XBOXは、なぜか東南アジアでママさんのバーのカラオケマシンとして活躍と聞きました。

現地のひとに修理すしてもらえば、型落ちゲーム機は現役としてバリバリ稼働中!



(タイの「ゲーム屋」さんの風景、「修理」すればすぐ売れるdesu!)

海外では、中古PS2の厚型は結構人気です。需要が安定しています。

もともと、ゲームのタイトル数が多く、本体が頑丈で簡単に修理できる仕組みになっています。

長い年月が立っても、うってよし!守ってよし!

まるで中古ゲーム機の.....イ○ロー的な存在ですか?


個人の推定ですが、こんな日本の型落ち家庭用ゲーム機とジャンク状態のゲーム機の市場規模はおよそ10〜20億円ぐらいと推測されます。

中古の市場規模にしては、ちっちゃいです。

そのため、リサイクル業界の中で、型落ちゲーム機の商売はニッチマーケットだと言われています。

まさにボクシング階級のフライ級です。

ちなみに、リサイクル業界のヘビー級は貴金属・ジュエリーブランド品です。

(中古貴金属の市場規模は3500億円で、中古ブランド品は2500億円ですから。)



○こんなニッチマーケットに参入した素人の私は....


こんな私ですが、リサイクル業界について知識ゼロからわずか2年間で日本一の型落ちゲーム機の回収事業をつくりました。

年商3億円の事業をつくりました。

私がリサイクル業界のフライ級王者になりました。

本当は運がいいだけです。(後ほど説明します)



この仕事とリサイクル業界に関わる事は本当に偶然しかおもいせんでした。

たまたまdaijobの求人サイトでシンガポールの企業が日本で中古ゲーム機の事業部の立ち上げる責任者大募集!案件を見かけました。

自分はゲーム好きだし、なんか社会貢献できるビジネスだし、仕事内容もすごく面白いし、とりあえず応募してみました。


.

.

この面接へいく前に、ちょっと「自分探しの旅」をして、2年間10件以上アルバイトをやりまくりました。

いろんな面白いそうな仕事を楽しくしてきましたが、虚しさを感じました。

当時の私は、いったいなにをやりたいか自分の生き方に迷っていました。

.

.

面接にいったら、驚きのオンパレードでした。

一次面接はシンガポール会社の創業者(=会長さん)の登場です。

(いきなりラスボスですか!?)

年齢は私より二つ上だけです。すごいエネルギーが溢れる方です。

話を聞くと、本当にすごい人だとわかりました。

・起業後一年間以内に事業の黒字化を果たし、3年連続優良中小企業に選ばれました。

・社員数が20名の会社の年商はなんと、20億円を超えました。(シンガポールの生活物価は日本の半分ぐらいなので、年商35〜40億円規模の日本企業とイメージしていただければよいです。)

・毎月○万アメリカドルをお世話になった国の慈善事業団体さんに寄付し、社長室にいろんな国の団体さんから感謝状が届きました。

会長さんの謙虚な姿勢と中古事業への熱い思いが一番印象的でした。

年商20億円以上を稼ぐ人にみえませんでした。

ジムのインストラクターに見えました。

その時、私は思いました:

なぜ(当時)35才の彼がそこまで成功して、大学院卒業の私は未だに人生を迷っているか、その違いを知りたいです。

すぐ彼の下で働いてみたいとアピールしました。

(面接の後、一回に不採用の通知がいただきましたが、こっちが粘りと情熱を見せて奇跡の採用を果たしたエピソードがありました。)

そして採用された時、会長さんにはこういわれました。

「採用おめでとう!では、事務所を探してこい」

そうか、前会った場所はレンタルオフィスでした。

事業の立ち上げというより、起業に近い形で仕事をスタートしました。

仕事について大変苦労しました。途中で失敗やピンチを経験しました。

この出会いは私の人生の最大ターニングポイントになりました。

学んだ事がおおかったです。


会長さんはこんな私に大きい仕事を任される事にすごく感謝しています。

○どんな苦労したか ?


・その1・ゴミ置き場での「救助活動」

中古事業が成功するまえに、ちょっと訳があって苦戦に強いられる時期がありました。

半年間をかけて集めたゲーム機は...数十万円分しかあつまっていませんでした。

(そこに理由がありますが、長い話になるため、割愛させていただきます)

いつもニコニコしているシンガポール本部の会長さんは、大魔神モードONでした。

営業の外回りにゴミ置き場からPS2の化粧を見かけたときに、思わずゴミ置き場の方へタイプして箱の中身をチェックした事がありました。殆どスカです。

一回はPS2コントローラーがみつかり、喜んで持ち帰りました。

(よいこ、真似しないでください。)

回収金額100円のPS2コントローラーでした。

でも、わくわくしました。

子供頃公園でピー玉か綺麗な石を拾った喜びでした。

みんなの読んで良かった!

他1コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。