犬は永遠の一歳児。犬を大切にしよう。



小学生の時、ウチに犬が来た。

白い和犬の雑種で、「シロ」と名付けた。

はじめの頃は学校から一目散に帰り、いつも一緒に遊んでいた。


けれど、飼い方を知らなかった。

正しいエサの与え方も、散歩のさせ方も、しつけの仕方も、

何も知らなかった。


父は会社で、母はお店で忙しく、そして僕は友達との遊びに夢中で、

シロへの関心は薄れていった。

やがてシロは病気になり、とても可哀相な死に方をさせてしまった。


最後の日の朝、保健所からクルマがやって来た。

母は高級品だった鮭缶をお店から持ってきて、シロに与えた。

そして「ごめんね」と言った。

僕は激しく後悔した。


● ● ●


それから30年後、

仕事でペットフードや関連グッズのECサイトを立ち上げることになり、

当時二子玉川にあった「ねこたま・いぬたまパーク」へ毎週通った。


打ち合わせが終わると、敷地の隅にあった「子犬と子猫コーナー」に立ち寄り、

時間の許す限り子犬をながめていた。

そしてある日、生まれて3カ月の豆柴を衝動的に買った。

「ラッキー」と名付けた。


ラッキーは、もう13歳になる。

ここには書けないいろんなことがあった。

ラッキーが人間の言葉を話せたら、と何度思ったことか。


犬は永遠の一歳児だという。

子どもがいない僕は、何かを大切にするということをラッキーから教わったように思う。


犬を大切にしよう。


●ねぇ、マリモ(『いぬのえいが』より)

著者の寺澤 浩一さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。