バンド漬けの一年。

高2になると、1年の時も同じクラスだった

野球部の中条というやつがいたのだが

そいつから「かっつんバンドやんない?」

と誘われる。

※当時のあだ名は『かっつん』

俺がベースをやっている事は知っていたので、

練習しといて良かったと思った。

中条と同じ中学だったギターの吉田君と龍一君、

中条と同じ野球部のドラムの近藤君と

ベースが俺で

中条がボーカル

という5人組。

まぁよくあるコピーバンド。

みんな気さくでいいやつで、すぐに打ち解けた。

がしかし、俺以外のみんなにはとある共通点があった。

ラルクが嫌い

光市「俺ラルクやりたいんだよねー」

龍一君「はぁ??ラルク?マジで言ってんの?」

光市「え、なんで?ラルクかっこよくない?」

中条「ラルクとかヴィジュアル系ちゃらいやん。嫌いなんだよねマジで。」

※ちなみにこいつはX JAPANの事は大好き笑

光市「そうなのか…んじゃあなにコピーすんの?」

龍一君「イエモンだよ!イエモンはまじかっけーよ。

みんなイエモン好きなんだよ。

今度やる曲のMDと譜面渡すから」

※ちなみにイエモンは初期の頃グラムロックと呼ばれており、

メイクをしていました。

…まぁ要するにヴィジュアル系の一種。。

という感じで、仕方なくイエモンをコピーすることに。

イエモンは”THE YELLOW MONKEY”の事。

Burnくらいしか曲を知らなかった。

そこまで興味もなかったが

”太陽が燃えている”

”Suck of life”

”熱帯夜”

をコピーすることになって

実際に聴いてみると普通にいい曲だったので、

イエモンもすぐに好きになった。

特に熱帯夜はめちゃくちゃ練習した。

イントロからノレるので、大音量でジャムるのが

快感だった。

ベースのフレーズもかなりかっこいいので

HEESEYも好きになった。

それともう一曲洋楽の曲を渡された。

”Hello, hello, hello, how low?”

ロックバンドやってる人間なら、

このバンドを知らないのは

ちょっとどうなのっていうくらい有名で、

グランジと呼ばれるジャンルで

一気にスターダムにのし上がり、時代を作った

Nirvana の ”Smells Like Teen Spirit”。

※当時はそんな知識はもちろんなかったが

後々になって、すごいバンドだったんだな

という事が分かった。

洋楽はビートルズくらいしか今まで知らなかったので、

すごく新鮮で。

ただ、この曲のベースは超簡単なので、

一人で練習するときはすぐに飽きちゃったが。。

====================

※ちなみに”Smells Like Teen Spirit”が収録されている

”NEVERMIND”というアルバムよりも

”In Utero”というアルバムの方がより

グランジらしさが出ているというか

いい意味で汚くて、感情的なボーカルとかが

何回か聴いてると心地いい。

興味のある方は聴いてみてください。

youtubeにfullでアップされています!

====================

”太陽が燃えている”

”Suck of life”

”熱帯夜”

“Smells Like Teen Spirit”

の4曲で、結局ライブが出来たのは2回だったけど

みんなで集まってワイワイやってたのが楽しかった。

中条の家に離れがあって、

そこにドラムもギターアンプも置いてあって

大音量で練習しても苦情も特になしっていう

いい条件が整った環境で練習できたのもあって

すごい楽しかった。

みんな年頃の年齢だから

もちろん恋愛トークもした。

吉田君と龍一君(ギターの2人)は学校が違ったので、

そこの学校の話とか

オススメのバンドとか教えてもらったり

将来の話とか近所の空き地で酒飲んで花火とか

その時間がすごく楽しかった。

それもあって、今まで邦楽しか聴いてこなかったけど

洋楽にもちょっと興味を持つようになり

その頃は

・グリーンデイ

(※俺の中ではパンクと言えばグリーンデイ。

グリーンデイも息の長いバンドだけど

3枚目のアルバムの”ニムロッド”が個人的に一番好き)

・レニークラヴィッツ

(※”Rock and Roll Is Dead”という曲が、

当時車のCMに使われていた。リフが超かっこいい)

・ディープパープル

(※当時缶コーヒーのBOSSのCMに

”Black night”が使われていました。)

この辺なんかも良く聞いていた。

CMに結構洋楽が使われてたりするので、

ちょっと気になった曲が流れたらすかさずメモって

調べてはCD屋に行ったりして。

バイト代は相変わらず

CDとか雑誌とか服とかに消えていき。。

CDを集めるのが趣味みたいになっていて

今では考えられないが

シングルも結構買った。

邦楽だと、浜崎あゆみとか宇多田ヒカルとか

ジュディマリ、Do As Infinityも良く聴いていた。

女の曲なのにカラオケでも良く歌った。

まぁ世間で流行っている音楽にも

どっぷり浸かった一年だったと思う。

そんな感じで高3になるのだけれど

急激に人生がつまらなくなっていく。。

著者のKataoka Kouichiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。