Hvarf/bone 〜消えた親不知〜

1 / 2 ページ

後編: Hvarf/bone 〜消えた親不知〜②

序章


親知らずなんて、所詮はただの歯。

いっぱいあるうちの一本でしかなく

幼い頃、何があっても麻酔をしてくれないドSな歯医者に通っていた私にとって

世間がどれだけ私に、親知らずの抜歯が恐ろしいものであると必死で訴えようとも

そんなものは怖くもなんともないと思っていました。


だから。

歯医者に「この埋まっている親知らずは、抜いた方がいいですね。どうします?」と言われた時私は


「そうですか。ぬきましょう」


と偉そうに答えたのです。


この物語は

そんな私が親知らずと戦った、その記録です。


※読むと気持ち悪くなったり食欲が失せたりなど、不快な思いをされる可能性があります。

その場合は即刻読むのをおやめください。




01 抜歯の宣告。

私が現在通う歯医者は家から徒歩3分という近さです。

正直、近さだけで選びました。

しかし、予想外だったのは

その歯医者が想像以上に人気であるという事実。

とにかく、全然予約が全然取れません。

私が土曜しか来れないという理由がもちろん大きいのですが、以前虫歯の治療をした時は

平気で「次は再来月になります」なんて言われていました。

こんなペースで治療していたら

治療に行く度に進行した虫歯を削り続ける無限ループにはまってしまうのではと。

人気というより、患者が無限ループなだけなのでは。とすら 考えたものです。


が、当然ですが違います。

ふつうに手際の良い歯科医でした。


そんな私が、親知らずの抜歯の提案をされた日の事ですが

突然、歯科医がレントゲンを持ってきたわけです。

「ここ、この下の白いの、親知らずなんですよ」

「あ、私親知らずあるんですか」

「ええ。一本だけ。完全に埋まっていますけど」

みんなの読んで良かった!