☆滅ぼし物語☆1期

1 / 3 ページ

☆滅ぼし物語☆

第1章

あの日、平凡な日常の中、少年は魔界の者にさらわれた。
少年はなにもできなかった。

この物語は魔界に連れ去られた少年の一生を描くストーリーである。

1話(魔界)

少年「うぅ」

起きたとき、檻のようなところにいた。
そこは暗く、身動きがとれない場所だった。

少年「ここはどこだ?!」

叫んだがだれもいない。
暗いところに少年は1人、ぽつりといた。

少年「あれから何日経ったんだろう、僕はこれからどうなるんだろう」。

そのとき、檻の外からモンスターの鳴き声のようなものが聞こえた。

1話 完

2話(檻の外)

だんだんこっちに近づいてくる者に少年は恐怖を抱いていた。

少年「やばい!」

予感は的中してしまった。鳴き声がだんだん近ずいてくる。

「グォォォォ!!」

モンスターは鳴き声を出し、少年が起きたことを確認した。しかし、モンスターはだんだん少年に近ずいてきた。

少年「ヒィヒィ・・・」

荒い息を出しつつ、モンスターが立ち去ることを祈っていた。

みんなの読んで良かった!