☆滅ぼし物語☆1期

☆滅ぼし物語☆

第1章

あの日、平凡な日常の中、少年は魔界の者にさらわれた。
少年はなにもできなかった。

この物語は魔界に連れ去られた少年の一生を描くストーリーである。

1話(魔界)

少年「うぅ」

起きたとき、檻のようなところにいた。
そこは暗く、身動きがとれない場所だった。

少年「ここはどこだ?!」

叫んだがだれもいない。
暗いところに少年は1人、ぽつりといた。

少年「あれから何日経ったんだろう、僕はこれからどうなるんだろう」。

そのとき、檻の外からモンスターの鳴き声のようなものが聞こえた。

1話 完

2話(檻の外)

だんだんこっちに近づいてくる者に少年は恐怖を抱いていた。

少年「やばい!」

予感は的中してしまった。鳴き声がだんだん近ずいてくる。

「グォォォォ!!」

モンスターは鳴き声を出し、少年が起きたことを確認した。しかし、モンスターはだんだん少年に近ずいてきた。

少年「ヒィヒィ・・・」

荒い息を出しつつ、モンスターが立ち去ることを祈っていた。

モンスター「オマエ・・・オキテルダロ」

モンスターから呼びかけられたが少年は無視してうづくまっていた。

2話 完

3話(勇気)

無視されたモンスターは怒ってしまったのか、檻を叩き出した。

モンスター「ヘンジ・・・シロ!!」

少年は怯えていたが勇気を振り絞り、モンスターに問いかけてみた。

少年「ここはどこ・・・??」

モンスターは少年の声に反応したのか返事を返してきた。

モンスター「マカイ・・・ダ」

少年はその言葉に絶望を感じたのか、身体の感覚が鈍ってきていた。

少年「俺をどうするつもりだ!!」

叫んだがモンスターはなにも言わず立ち去っていってしまい、また暗い檻に1人ぼっちとなった

3話 完

4話(檻の中)

檻の中でもう何時間過ぎたのだろう、もう指の感覚も無くなってきて、ただこれから起こることを想像し、恐怖に怯えていた。

少年「家に帰してくれ!!
   なんで俺だけしかいないんだよ!!」

少年はただひたすら叫んでいた。でも、長くは続かず、意識が朦朧としてきた。そのことにきずかなかったのか、そのまま眠りについた。

少年「・・・zzz」

深い眠りに落ちた。

モンスター「マオウ・・・サマ」

モンスターからへんな声が耳に入ってきた。

4話 完

5話(助けの光)

石ころが動いた音で少年は目覚めた。
壁に耳を当てた、外の様子がわかるからだ。

少年「なんだ?この叫びごえは?」

檻の外からなのかモンスターが騒がしくして叫んでいた。

モンスター1「トラエヨ!!」
モンスター2「ウォォォォ!!」

少年はびっくりしたのか壁から離れた。そのとき、壁が崩れる音がした。

少年「壁が!?」

ガラガラッ!!。という音とともに、壁に大きな穴が空いた。その先には翼の生えた馬に乗った人がいた。

5話 完

6話(脱出)

うづくまっていた少年に大きな声をかけてきた

勇者「早く乗れ!!時間が無い!」

少年は驚きつつその人に従うことにした。
その先はどうなったのか、その人につかまって遠く、遠く離れていった。もうどのくらい離れたのかわからない。

勇者「君、大丈夫かい?」

少年はおどおどしながら返事を返した。

少年「はい。なんとか、大丈夫です
  これからどこに行くんですか?」

勇者「これ・・・・場所に・・・」

ヒュウー、と風の音のせいか、あまりはっきり聞くことができなかった。

1章 完

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。