☆滅ぼし物語☆1期4章

1 / 2 ページ

☆滅ぼし物語☆

第4章

漆黒の森を抜け、灼熱の道を進む途中に魔界の使いと遭遇してしまった。危機に陥った時、どこからかわからないが助けられた。疲れが溜まったのか、その途中で少年と勇者は栄える街に辿りついた。そこでは、どんよりとした空気が漂っていた。

この物語は魔界に連れ去られた少年の一生を描くストーリーである。

1話(街人)

栄える街についた少年と勇者は街の中を歩きながら街の中央広場に向かっていた。なぜか、街人たちが騒がしくしていた。

街人(男)「贅沢してんだよっ!!」
街人(女)「生活が苦しいの!!なんとかしてっ!」

騒がしくなっている中央広場をみた少年と勇者はその場を立ち去り、泊まる所を探しを開始した。

勇者「宿屋を探そう」

少年「はい」

少年と勇者は宿屋を探しながら栄える街の辺りを見渡していた。

1話 完

2話(名前)

歩いてるとぽつんとたっている宿屋を発見した。

勇者「ここにするか?どうする?」

少年「そういえば前から気になっていたんですが、勇者さんの本当の名前ってなんですか?」

勇者「名前はユーリという、腕利きの剣使いだ。じゃあ君の名前も教えていただきたい」

少年「俺の名前は.ソルだ。改めてこれからよろしくね。あと泊まるのはここにしましょうよ」

ユーリはうなづくと宿屋に入っていき、ソルも追うようについていった。

2話 完

3話(宿屋)

宿屋でお金を払い、部屋を借りるとユーリはソルに呼びかけた。

ユーリ「部屋を借りたぞ。ソルもこっちにこい。」

ソルはユーリのいる場所に向かうと、ユーリが指をさした。

ユーリ「君の部屋はここだ。なにか用があるなら、隣の部屋にいるから呼んでくれ」

ソルは一言いうと部屋の中に入った。ユーリは自分の部屋に入りこれからどうするか考えていた。

3話 完

4話(疑問)

ソルは部屋で今日を振り返り剣を見て、灼熱の道でのダークゴブリンとの戦闘とあの言葉を不思議そうにしていた。

ソル「あれはなんだったんだろう??でもダークゴブリンの猛攻から助けてくれた。不思議なこともあるんだな」

そう考えている内に夜になりベットに入って眠りについた。この宿屋のベットはとても寝心地が良かった。

ソル「・・・zzzzムニャムニャ」

朝になるとユーリがソルのいる部屋のドアを叩いた。

4話 完

5話(騒動)

ユーリがドアを叩くとソルはベットから起き、ドアを開けた。

ソル「おはよう」

ユーリ「いま中央広場で大変なことが起こっているんだ!!自分は先に行っているからすぐにきなさい」

('タッタッタッタッ!)

階段を降りていく音とともに、ソルはユーリの言葉に眠気が吹き飛び、部屋を整理して武器をもって宿屋を出た。宿屋から50m程離れた場所に中央広場がある。

ソル「なんか昨日より騒がしいぞ」

騒ぎに反応したソルは素早く中央広場に向かっていった。

5話 完

6話(反乱)

ソルが中央広場に到着した時には街人たちの騒ぎが始まっていた。
 
街人(男)「テメェいい加減にしろっ!!」

街人(女)「あんたらだけ贅沢したら私たち家族の生活が壊れちゃうでしょ!!」

ソル「どうなっているんだ??」

ユーリは街人たちの間に入り、騒ぎを納めようとしていた。

6話 完

7話(街人の怒り)

ユーリは怒っている街人の間に入ると怒っている男の人に質問をした。

ユーリ「どうしたんですか?騒ぎは周りの迷惑になるので控えていただきたい」

街人(男)「テメェ誰だよっ!!怪我したくなかったらとっとと街から出ていけっ!!」

男の言葉に怒ったのか、ユーリは男の手を掴み投げ飛ばした。ソルはそれをじっと見て立ちすくんでいた。

('ガラガラガラ)

投げ飛ばされた場所にレンガの山がおいてあり、男はレンガの山に衝突した。

7話 完

8話(理由)

投げ飛ばされた男はレンガの山に衝突したにもかかわらず無傷だった。

著者の高橋 ひろりんさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。