わずか数千円の貸し借りで失われる友情の話

返ってこないお金にガッカリするのではない

「知人間での金銭の貸し借りはよくない」

この言葉の本当の意味がわかったのが、比較的最近のことである。

それと同時に、これは金額の大小問わず発生する問題なのだ、とも悟った。

基本的に、お金は貸さない主義だ。
理由は、見出しに書いたキャッチコピーの意味を知らずに実行していただけ。

事実上貸したことは何度かある。
大した額ではないが、その場合は例外なく「返さなくていい」と付け加えてある。

それでも返す人は返してくるのだから、立派なものだと思う。


「ああ、これは返ってこないな」と感じた際の心理分析

貸した金額はわずか数千円、自分の酒代1回分程度。
金額面での影響力は、ほとんどない。

期日までに返ってこなかった、形式上の催促もする、それでも返ってこない。

その時は「何やねん、あいつ」とか「もったいないことした」と思ったかもしれない。
(過去のことなので思い出せない)

ずっと、貸したモノ(今回はお金)について、ガッカリしたのだと思っていた。

でも、思い返してみたら、
・都合がつかなくなったからもう少し待って
・◯◯までに返します
・そもそもで返す気がないから諦めて

など、多少のフォローがあったら、それほどガッカリはしてなかっただろう。

つまり、失ったモノにはさほどガッカリしていないということだ。


都合の悪い時の対応に、対自分への待遇を実感する

では、改めて何にガッカリしたのか思い返してみると、その時の相手の対応なのだ。

対応が悪いことによって、対自分への位置づけがその程度のものだったのか、
という念を抱いてしまったことが全ての根本なのだ。

恩着せがましさもあるが、金銭以外も含めた過去の「貸し」について振り返った時、
ガッカリした思いのある経験には、ほとんどが時間や労力などの浪費よりも別の感情にぶつかる。

「ああ、相手の中での自分の価値観はこの程度のものだったのか」

この感情を知った時、ほとんどの関係が終わるか、ビジネス以上の付き合いができなくなっている。

自分を大事にしないと実感した相手と仲良くできないのは、恋愛でも日常生活でも同じなのだ。

相手がそんなことはないよ、と否定しても、無意識的にでも自分はそう思ってしまう。

恋愛でも「この人とはうまくいかないな」と思った相手と続かないのと同じで、関係を維持できない。


それでも、貸し借りは生涯、発生する

タイトルは分かりやすくお金の話が、ここで書いたことは人間関係とセットでやってくる。

貸すこともあれば、自分が借りる側になる場合もあるし、
おそらく自分自身が借りた側で、過去に相手にガッカリされた経験も否定しない。

自分が貸す側で、借り手に行って欲しかった点をまとめてみると、次の3つ。
・できないことはできない、と言ってほしい
・できなかった代わりにどうするか、 の提案があると嬉しい
・開き直りも禁じ手だが、応答という点では1つの方法

万人に共通するかは不明だが、
自分が借りる側の場合、貸し手には上に書いたことは心がけようと思う。

あわせて、今度何かを貸すときは、返済能力やバーター条件を見るのではなく、
上のマイルール3点を守ってもらえるかどうかで判断することとしよう。

著者のみやけ さとしさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。