Vol.4『2年間で転職を6回繰り返した男が、いきなり独立起業をした』話

1 / 13 ページ

 

こちらは前編↓

Vol.3『自宅浪人→(大学:遊びほうけて何とか卒業)→売り手市場で某銀行に内定→が、しかし』の話




履歴書を何枚、書いただろう。


年がら年中、履歴書に囲まれた時期を私は、2年ほど過ごした。

ちなみに一番、利用した履歴書は「日本法令」という会社のものだ。

理由は、文字枠が比較的大きく、アピールできる内容欄が他のものに比べて

充実していたからだ。


※まず最初にお伝えしておきますが、私は別に不幸自慢がしたいわけでもなければ、

不甲斐無さアピールをしたいわけでもない。


伝えたい事は、ただ一つ。

『過去は関係ない。大切なのは、自分がこれからどうなりたいか。』ということ。

もちろん、独立起業も例外ではない。



それを踏まえて、読み進めて頂けたらと思う。



では、その続きとなりますが、、


2009年、私は晴れて某金融機関の職員(総合職)として入行した。


ローテーション形式で、最初は預金科に回されて書類の作成・管理を任された。

(とは言っても、最初の3ヶ月ほどは先輩に付いて教わるのだが)


居酒屋バイトをしていたこともあり、配属先で声の大きさだけは評価された。笑


3日目の夜は花金(ハナキン)。

新入歓迎会が行われその夜は緊張しつつも、抱負などを語り楽しく飲んだ。




だが、楽しかったのも束の間。


翌週、、私は会社に行かなかった。

その翌日も。


みんなの読んで良かった!