旅の相棒はバイク〜まっ白になれる時間

1 / 4 ページ

バイクに乗る長い髪のお姉さん


二十歳だっただろうか?

夏休み信州のペンションでアルバイトをした。

後半オーナーのお友達と一緒に近くの名所へ遊びに連れて行ってもらった。

カップルでそれぞれがバイクに乗って遊びに来ていたふたりに出会った。

ストレートのロングヘアのお姉さんがきれいでとても大人っぽくって、私は何も話せずに

ただただ見つめていた。


それがきっかけだったと思う。


真夏の教習所で検定試験開始と同時に、発進 エンスト。立ちゴケ。

「だいじょうぶ〜?いまいさーん!」

マイクで先生に笑いながら叫ばれたり

「ちっとも身についてへん!今まで何やってたんや!」

激怒する先生にシュンとしながらも中型自動二輪免許取得。


私は22歳だった。


真っ赤なSuzuki Bandit 250を買った!!


未だに我ながら笑えるのだが、京都の宝ヶ池にきつね坂という急カーブの坂道がある。

減速したのはいいがギアが合っていなくて、曲がりつつ上り坂でポテンと転倒。

怪我も何もなく後続の車が何台もいたので、懸命にバイクを起こそうとするのだが、

坂道で200㌔以上のバイクが持ち上がるはずもなく、ウンウン唸っている私の側に

トラックからふたり ニッカポッカの人が登場!

ねえちゃん 大丈夫か?

と言いながらヒョイとバイクを起こし、、道端に寄せてくれた。

気ぃつけて行きや!

人相も雰囲気も怖い系の人たちだったが、さわやかにトラックに戻って行ってしまった。

ええ人や・・・。



またある時は、気持ち良く走っていたら滋賀県の朽木という地域に着いた。

土地勘がない私は

わたし
どうしよう!? 栃木県まで来てしもた・・・

漢字も知らなかった・・・。



そうして行く所行く所で人に助けられ、バイクの友達ができてみんなで日帰りやキャンプに出かけることが何より楽しいことになっていた。


バイク乗りは男子が圧倒的に多く、排気量も大きいバイクと250とでは一緒に走っても差がつきすぎてしまい、次第に女の子ばかりでグループを作りわいわい遊んでいた。

男子と一緒だと常に恋愛が絡み面倒だった。

みんなの読んで良かった!