最近、勉強はいいなと思った。

最近、私は前の小説の項にも書いたが
高卒認定の試験の為、毎日勉強している。
私は、元から勉強は全くできず、それどころかコンプレックスが邪魔をして
勉強が嫌いだった。
中学の時なんて、中間テストや期末テストがあったが、勉強は全くせず、遊んだりとにかくぐうたらしていた。
特に父親には口うるさく勉強しろと言われたが、小学生時代の倍以上の分厚い雑誌のような教科書に薄いドリル、その姿を見ただけでもやる気が失せた。
方程式なんて言われても解けなかったし、歴史や英文法、文法なんてどうでも
良かった。
その後、支援学校に進学した。
進学先の支援学校での勉強レベルは
小学校高学年くらいのレベルで私の肌にとてもあっていたのですぐに点数は取れた。
だが、中には高校数学が出来ている友達がいたり、漢字検定二級を取る友達もいたり、とても刺激的になったし、勉強を
もう一度してみたこともあるが長続きせず。
卒業してから今、勉強をしているが
方程式の仕組みや、動物細胞の仕組み、
歴史など
勉強して来たが
「へーこんなのだったんだ!?」
と好奇心が徐々に沸いて来て勉強が楽しくなった。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。