日本では救急車に乗ったコトがない

日本では30回ぐらいバイクで転んで、うち5回ぐらいは100km/h超(サーキットとかね)だけど、幸い救急車には乗ったコトがない。
でも海外では2回乗った。
1度はUSAのサンアントニオで、バイクで70マイルぐらいで流している時に、鹿にぶつかった。Deer Hunterというあだ名がついた。クレジットカード持ってないと、マジで診察してくれないということを知った。
もう1度は中国の深圳で。取材に行った時、超大歓迎されて、巨大なレミーマルタンの瓶をウーロン茶のように飲まされて。30分ぐらいで急性アル中。いわゆる乾杯したらコップを置いちゃイケナイというヤツだ。一緒に行った部下が呑めないので、その分呑もうとしたのも敗因。
海外ではなにが起るかわからないので、保険とかはちゃんとしておいた方がいい。たぶん。

著者の村上 琢太さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。