普通の大学生がインフルエンザをきっかけにカナダワーホリへ。そこで3つのことを学び、人生が変わった話。

1 / 4 ページ

こんにちは!好きな事を仕事にしたくてWEBデザインの学校に通いながらいろいろな活動をしているmasayaといいます。

僕は今から4年前、大学2年生の時、インフルエンザになったのをきっかけに決意し、休学・カナダワーキングホリデーをすることで3つのことを学び、自分の人生がびっくりするほど変わりました。今回はそのお話をここに書きます。

行ったのは2010年の3月〜1年間。バンクーバーオリンピック直後のカナダ・バンクーバー



【今回のお話の全容】



・行く前の"僕" 、行った後の"僕"について

・ワーホリ中の1年をざっくり

・最後にそこで得た3つの事




before after


【行く前の僕】



このままじゃ。。。。変わらなきゃ。。。
ずっとなんとなくで生きてきてて、就職とか将来とか不安。でもなんか変わるきっかけがない。大学でも友人少ないし、夢だった男女混ざったグループで青春とか全くできてないw


・なんとなく
  "なんとなく"勉強して "なんとなく"大学に入って

  "なんとなく"バイトと学校の往復の日々

・TOEIC 365

  "英語専攻"なのにTOEICがたったの365点

  (4択のマークシートだから多分誰でもとれそうw)

・ゲームとテレビ

  モンスターハンターが大好きで200時間プレイ

  空き時間ずーっと好きでもないテレビを見続けてしまう

・狭い世界

  出席番号が近い4人の友達とバイト仲間だけの狭い世界





                           【帰ってきて4年経った今の僕】


人間やればなんでもできる。自分で決めた人生をたくさんの人と関わりながら生きている。周りの人に協力してもらいながら協自分の考えた事を形にしていって、毎日楽しく幸せ。

・常識に縛られず自分で決めた人生

  人生いろいろな生き方を知る
  卒業して会社に正社員として入るだけが全てじゃない(内定辞退)

・ゲーム・テレビなしの生活

  見る時間、する時間が完全になくなりました。
  それらよりも楽しい事を発見!

みんなの読んで良かった!