うちの母親のミラクル

母は偉大なり。

というのも、息子からしたら、どうしてそうなるのか、想像もつかないミラクルをやらかすからだ。

先日、うちの母親が「何か送るものある?」と聞くから、「じゃあ、食べ物送って」と返したら、
近所のスーパーで買った大根、たまねぎ、てんぷら、刺身、煮物、山崎パンが送られてきた。

母さん、山崎パンは、歩いて5分のコンビ二で買える……。

刺身や煮物は着いた時点で賞味期限が過ぎてた……。

いや、文句を言ってはいけない。愛ゆえ。きっと、母なりの深い考えがあるのだろう。

という話を弟にしたら、

「まだマシや。俺のところにはなぜか、白髪染めが送られてきた」。

そう言えば、昔から突拍子もないことを思いついては、実行に移す人だったな、あの人。

みんなの読んで良かった!