華僑から教わった「秘術」を中国本土で使ったところ中国全土の国営テレビ局と流通が協力してくれた奇跡

1 / 4 ページ


華僑の大富豪たち、一度心の扉を開く形で信用・信頼してくれると、旧来の仲間として本当に沢山の事を教えてくれる。

ビジネスの方法、投資の方法、だけでない。華僑がビジネスシーンで活用している、様々な「秘術」と呼ばれることも、かなり年月をかけた「小出し系」ではあるが、諭(さと)してくれるように、教えてくれるのだ。

今になって、華僑大富豪たちと日々過ごしたあの頃を思い出し、教わった事を全て書き出し、全体的に見渡していくと、とある物理法則に沿って成り立っていることがよく分かる。


けれども、当時は断片的に教えてもらった事を、微塵も疑うこと無く、すぐに実践の中で使って見る・・・我武者羅に突き進むだけの繰り返しだったので、気づくことはなかった。


たとえば、僕が彼ら華僑から直接教わった「秘術」を、素直に本場中国本土で使って見たところ、恐らく日本人としては前代未聞とも言えるとんでも無いムーブメントを起こしてしまうことになり、実際に「秘術」を使ってみた僕自身が驚いてしまった。


僕の現役サラリーマンメーカー勤務時代。2006年に、香港から、中国本土の支社に異動になったばかりのこと。中国本土現地に移住してから最初に手がけた大きなプロジェクトのことをお話しようと思う。

中国珠海市にあるホテルの大ホールを借りて、中国国家広電総局のテレビCF部門のトップ、中国主要13省の国営テレビ局の局長、200名を超える、中国全土の卸売業の経営者に参列して頂いた中・・・。

僕はパワーポイント、そして、現地で雇用した中国人スタッフの通訳を介して、片言の英語を駆使して約1時間に渡るプレゼンテーションをさせて頂いた。



▼日本人初!中国政府と民間企業の両方を巻き込んだプロジェクト


国家広電総局の暗黙の了解の下、各省のテレビ局と流通が密接に組んだ、全く新しい戦略術。

中国本土全体の商慣習をも根本的に変えるビジネススキーム。日本の製造メーカー、中国全土のテレビ局、現地代理店、卸売流通業。

全員がWIN-WIN-WINになれる、今まで誰も実現させたことの無い、全く新しいスキームを提案させて頂いた。


国家広電総局とは、中国共産党が、最も重要視している部門の一つ。検閲に許諾、全テレビ局の情報発信の内容を全てコントロールしている政府機関。

実は、2004年頃から、日本のテレビドラマ、アニメ、映画などが、中国本土で一切放映許諾が降りなくなってしまった理由。国家広電総局が全て、過去の許諾済みの番組までに遡ってまで、全て非承認にしてしまったからだ。


けれども僕が提案したスキームは、その国家広電総局の上層部にさえ受け入れられた。国家広電総局のテレビ宣伝広告部門トップからも、「兄弟」の称号を頂戴した程。

中国本土のテレビ局、現地代理店、卸売業者、プロジェクトに参加した全員にとって、メリットのある提案だと認めてくれて、それによって、中国本土の名だたる方々が一斉に動いてくれたのだ。



▼1円もかけずに中国全土にテレビCFがかかり商品が爆売



結果・・・僕が商品として提案した、携帯ゲーム機のテレビCFが、中国全土のテレビ局の子供チャンネルや子供番組に放映されることになった。ただの一円の宣伝広告費を持ち出すことなく。


たとえば、上海の子供向けテレビチャンネルでは、一日40回ものテレビCF広告が、繰り返し放映され続けていた。ここに宣伝広告費は一円もかけていない。

北京のテレビチャンネルでも同様に凄いことになっていた。当然ながらここにも宣伝広告費は一円もかけていない。

上海、北京のみならず、天津、広東、四川、福建、湖北、湖南、浙江・・・中国全土の主要の全テレビ局や、その更に下の地方局が、子供向けチャンネルや番組を通して、無料でテレビCFを放映してくれたのだ。


従来、中国本全ての注文をかき集めても1,000個程市場投入してしまえば、在庫が残ってしまうレベルの高額の正規品携帯ゲーム機。

出荷前入金の条件にて、中国本土合計で55万個出荷することに成功。。。内20万個分程、途中入金条件を少しだけ妥協してしまい、お金の回収と納品までに約1年間かかってしまったのだが・・・。

ともかく、約20年間億単位の赤字続きだった中国現地のオペレーションを、移住後たったの半年で億の黒字に転換することに成功した。


その後も同様の方法で、商品第二弾、シリーズ合計120万個、商品第三段、シリーズ合計120万個を、現金回収を伴った出荷。

みんなの読んで良かった!