う○こ人間から、みそ人間へ。謎の進化を遂げた男。

1 / 3 ページ

前編: ■「う○こ」が「みそ」に変わった、とんでもない話(下品なタイトルですいません)

■みそ〜に〜憧れて〜。

※風立ちぬ風


前回のまとめ。

う○こ=役立たず・要無し
みそ=絶対に必要なもの・要有り

う○この様な人間だった頃の和佐大輔(僕)
=第一級身体障害者で、家族のお荷物状態・価値を生むことが出来ず、社会との接点もない
みその様な人間になった和佐大輔(僕)
=誰かに必要とされている・社会に価値を提供している

う○こ人間はこれからの時代、より厳しい扱いを受けるようになる。障害者、老人、子供など、直接的に社会に貢献出来ない人間だけではなく、サラリーマン、主婦、学生などの「普通の人」もこれからの時代はう○こ人間になってしまう可能性が高い。

なぜなら、

「今まで当たり前だった仕事が失われる(ロボット化)」
「今まで当たり前だった雇用制度が変わる(雇用の流動化)」
「今までよりも安い労働力が増える(外国人労働者)」
「日本経済全体のダウンサイジングが起こる(適正化)」
「今までのような社会保障を維持出来なくなる(年金や生活保護など)」など、

これからの日本は経済的に弱肉強食の時代になって行くから。

残念ながら、これからの時代は、う○こ人間=普通の人、になってしまう可能性が高い。だから、1人1人が「自分の価値」について考えなければならない時代になるのではないだろうか?

前回はこんな感じの話でした(言葉にしてない部分もあります)。
前回の投稿はこちら。
■「う○こ」が「みそ」に変わった、とんでもない話(下品なタイトルですいません)


・・・・・


さて、前回に引き続き「う○こ」をテーマに、下品な話をしたいと思いますが(苦笑)

あなたは自分のことを「う○こ人間ではない」と、自信を持って断言することが出来ますか?

ほとんどの人は「いやいや、俺にはちゃんと仕事があって、給料も貰ってるし、役に立ってるから、俺はみそ人間だ。」と言うと思います。はい、その認識は間違ってないと思います。

では質問をこう変えてみましょう。

「あなたは替えの利かない人間ですか?」

この質問に自信を持って「俺は俺じゃなきゃ出来ない仕事をしてるし、重要な存在だ」と言える人はぐっと少なくなるはずです。

実は会社にとって一番大きなリスクは、商品が売れなくなることでも、競合他者の出現でもなく、「人的リスク」です。

会社は「人間」に依存することを嫌うわけです。

もちろんこれは「社会」も同じです。

だって考えても見てください。会社や社会にとって、とても重要な役割を1人の人間に任せたらどうなりますか?たった1人が病欠したり、入院したら工場の生産ラインが止まったり、出荷が遅れたりしたらどうなりますか?たった1人のせいで警察が動けないとか、裁判が出来ないとか、国会が開けないとか、そんな事態になったらどうなりますか?

会社も社会も「システム」という意味では同じようなものです。1人の人間に依存しないように出来ているし、そう作る必要があります。

まあ、会社の場合はスティーブ・ジョブズのようなワンマン経営が許されるので、中小企業は社長がいなければ潰れるような会社が多いでしょう。

つまり、会社は「完全なシステム化」「完全な独裁」の、どちらか一方の仕組みになっているわけです。だから、社員であるという時点で、普通は社運を左右するような仕事には就けないようになっています。

ベンチャー企業など、攻めのタイミングの会社では、一部の重要な判断の裁量権を社員に委ねることもありますが、そんな重要な仕事を任せられるのはスタートアップメンバーぐらいのものです。

よく言われることですが、ベンチャー企業は第1世代目・第2世代目は優秀だけど、第3世代目になると極端に保守的になって行きます。

システムが出来上がれば、仕事の負担も、責任の負担も分散されるわけです。

会社にとって「リスクの分散」は極めて重要なことです。

少数の人間の問題で、会社全体が損害を受ける何てナンセンスですからね。

でも、逆に社員にとっては、仕事も責任も負担が減る一方で「他の人でも出来る仕事ばかり」になってきます。

要するに、歯車の1つに過ぎない存在になって行く、ということです。いくらでも替えが利く。

いくらでも替えが利くなら、会社はどんどん賃金を下げにかかります。日本ではサラリーマンは法律に守られていて、簡単にはリストラも減給も出来ないですが、法律は変わるものなので、

これから先、必ずアメリカのように「今日から君はクビだ」と、死刑宣告をされるようになります。

映画やドラマでよくありますよね?急に上司が来て、肩を叩かれて、それで終わりってシーンが。

あれって本当に現実で、事前に言われるわけではなく、当日に肩を叩かれて、私物だけを持たされて追い出されます。それぐらいアメリカはサラリーマンに厳しいわけです。

もちろん、それだけ多く訴訟を抱えていますが、資金力がないサラリーマンは結局泣き寝入りすることが多い。雇用の流動化は会社にとってはリスク分散やコスト削減になるので、良いことしかないわけですが、雇われる側にとってはかなり深刻な問題です。

今の日本でも正規雇用じゃなくて、派遣社員や契約社員、パートなどの形態で雇用するケースが多いですが、これはまさに「終身雇用なんてものはもうない」ってことの現れです。

役に立たない人間は、過去にどんなに大きな功績があっても容赦なく切り捨てる、と。

みんなの読んで良かった!