「どうしてこなかったの?」。相手を心配して送ったにもかかわらず、“追及メール”と受け取られ、その後の関係がぎくしゃくした……。


「どうしてこなかったの?」。



相手を心配して送ったにもかかわらず、

“追及メール”と受け取られ、

その後の関係がぎくしゃくした……。


メールを使う人なら、似たような経験があるのではないだろうか

メールの文字から、微妙な感情を汲み取るのは難しい。


顔文字や絵文字も

「気持ちを効果的に伝える」

「表現を柔らかくする」ために生まれたものだ



事務的な連絡や、情報の伝達・共有にメールは便利なもの。

だが、人と人の「コミュニケーション」を、それで

終わらせてはならない。



メールには文字情報しかないが、電話は、そこに声の調子、

抑揚が加わる。会って話せば、さらに表情やしぐさ

などが加わる。



情報の奥行きはメールとは比較にならない



海外のある大手IT企業は、思い切って社内メールを

全面禁止したという。



連絡は電子掲示板などを使い、話があれば、直接相手のところへ。

その方が意思の疎通も円滑になり、一つ一つメールに対応する

時間の節約にもなり、その分、創造的な活動ができる。



確かに一つの見識には違いない



どうしたら思いを伝えられるか、苦心し葛藤し、言葉を紡いで、

相手に通じた時の喜び。



それは、対話でこそ味わえる醍醐味だ。

きょうも人間の輪の中へ飛び込もう。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。