「カンボジアで出会った、2人の少女の物語」

最近海外に行けていないので、少し思い出話を書いてみます・・

カンボジアのシェムリアップ。

ここは、アンコールワットをはじめ世界遺産の遺跡を多く抱える街。

シェムリアップ自体は小さな村だが、

アンコールワットへの入り口として、世界中から旅行者が集まる。

夜遅くまで開いている屋台や、商店がひしめき合う繁華街が広がっている。


2012年の1月、僕はカンボジアへ一人旅に出掛けた。

そして、カンボジアでの滞在にも慣れてきた5日目のこと。

僕は、ランチをとろうと、旅行者向けのレストランに入った。

気持ちの良い晴れの日。

テラス席に腰掛け、ビール片手にマルゲリータを頬張る。

美味い。

至福の時間を過ごしていると、僕の目に興味深い光景が飛び込んできた。

隣の席に、少し裕福そうな白人の家族が座っていた。

歳は35歳くらいのご夫婦。

言語からして、ドイツ人だろうか。

そして、7歳くらいの女の子が一人。

家族3人。とても幸せそうに、食事を楽しんでいた。

家族で海外旅行をするくらいだから、そこそこ裕福な家庭なのだろう。


そしてそこに、物売りの現地の少女がやって来た。

歳は白人の女の子と同じくらい。

服はボロボロ、足元は裸足。

手には手作りのミサンガのようなものを持ち、

白人の夫婦に必死で売り込んでいる。

あまり相手にされていないが、彼女はなかなか諦めない。

片言の英語を使って、7歳の少女が必死でセールスをかけている。


ジュースをすすりながら、それを優雅に眺めている白人の少女。

同じくらいの年齢なのに、生まれた国、場所の違いで、

こんなにも格差があるのか・・

と、改めて認識させられた出来事だった。


しばらく僕はテラスに座ったまま、目の前で起こった出来事について考えていた。


「カンボジアの少女は、なんて可哀想なんだろう。

あんな小さい時から、辛い思いをして、セールスをしなきゃいけないなんて・・」


はじめはそんな風に考えていたが、程なくして、

その考えは間違っているのではないかと思い始めた。


この2人の女の子は、20年後どうなっているだろうか?


かたや、裕福な家庭で甘やかされて育てられた子。

かたや、7歳から外国人相手に英語を駆使して、

セールスをかけることを強いられた子。


そのスキルや、精神面の強さ、成長度合いは

比べものにならないのではないだろうか?


確かに、新興国では先進国と比べて選択肢は少ないかもしれない。

教育水準ももちろん低い。

しかしそれを除けば、人間的な成長度合いは

苦労をしてきたカンボジアの少女のほうが、遥かに高い。


カンボジアには、その姿勢を学ぶべき少年・少女たちがたくさんいる。


・彼らは母国語以外に、英語、時に日本語や韓国語などの

日常会話を使いこなす。

・彼らは時に旅行者の国のジョークや、気の効いたセールストークを使い、

初対面の人の心を一瞬で掴むスキルを持つ。

・彼らは国籍問わず、知らない人へとガンガン話しかける

メンタルの強さを持つ。

・彼らは断られても、買って貰うまで決して諦めない。

バスに乗り込みその場を去るまで、10分だろうが、20分だろうが、ずーっとついて来る。

・彼らは実践の中から学び、うまくいかなかったところは改善し、

どんどんコミュニケーションスキルを向上させていく。


先進国では、このようなことを「7歳」から経験している人間は皆無だ。

このことが分かった時、彼女は決して可哀想な子ではないと感じた。

きっと彼女には明るい未来が待っているはず。


そして、こんな少年・少女がたくさんいる新興国は、

確実に今後世界の中心になる日が来る。

そう確信した。 

著者の萩原 敬大さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。